小室圭さん脅かす「有栖川宮事件」 宮内庁「お金を直接あつかう職業には不安がある」と吐露

文/佐藤公子

小室圭さん「結婚」へ前進へ

「これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」(眞子内親王殿下のご結婚関係儀式等のご日程の変更について、宮内庁、平成30年2月7日)

眞子さまがそう発表して既に2年と4カ月が経過している。当初は、今年4月に挙行される予定であった“立皇嗣の礼”が終わり次第、眞子さまの「お気持ち」が発表されると見込まれていた。だが新型コロナウィルスの感染拡大にともない、“立皇嗣の礼”が無期限延期となったため、小室圭さんとの今後の見通しが語られるのも延期となってしまっている。

「立皇嗣の礼は10月挙行を目標に調整が続いています。コロナの第二波で再延期になったら縁起でもないことですから、具体的な公式発表は直前までなされないでしょう。

その後、時を開けずに眞子さまが『結婚を前提とした結婚延期』の発表をすると見込まれています。ご両親は事あるごとに“再考”を迫っていると聞き及んでいますが、眞子さまは聞く耳持たずのようで…」(全国紙社会部記者)



「相応の対応」がなされぬまま結婚するのか?

眞子さまが「再来年に延期」と2年前に発表している以上、なのがあろうとも今年12月までには何らかの発表があるだろうと見込まれている。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんも「12月は何かと立て込むので、10月・11月中に発表がある」との見通しを立てている。

しかし現時点で、秋篠宮殿下が、眞子さまと小室圭さんに求めた「相応の対応」、すなわち母・佳代さんの金銭トラブルが解決されているとは言い難い。今年中に解決する見込みはあるのだろうか?

「早期解決は難しいでしょう。小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士に話を伺いましたが、先方との交渉は未だ何も始まっておらず、断絶が続いているそうです。そして貸与か贈与かをめぐっては税金未納に抵触する恐れがありましたが、こちらも徐々に時効を迎えています。

本来ならば時効を迎える前に解決させるべきところですが、上芝弁護士は『元婚約者の方が、週刊誌記者の代理人ではなく、弁護士の代理人を立ててくれないと交渉は難しい』との立場を崩していません」(皇室ジャーナリスト)

このような状況で、秋篠宮ご夫妻が「結婚」を許可することはあるのだろうか?

「秋篠宮殿下も周囲の反対を押し切って『結婚させてくれないなら皇籍離脱する!』とまで言い放って、紀子さまと結婚した過去があります。思えば戦後になってから皇族の皆さんの結婚は、基本的にすべて自由恋愛です。ここにきて眞子さまだけ結婚を諦めろと言うのは忍びないのではないでしょうか? ここまで事態が袋小路なっては、さっさと眞子さまを嫁に出して、悠仁さまに悪評判がつかぬよう、ダメージコントロールしたいというのが本音ではないでしょうか」(同前、皇室ジャーナリスト)



小室圭さんが活発な動きに、宮内庁「警戒」

このように金銭トラブルについては解決に向けて「動きがない」のが現状だ。だが小室家サイドは、結婚に向けて「活発な動き」を見せ始めている。

「最近、小室圭さんの母・佳代さんが自宅マンションから頻繁に外出しているようです。髪を明るく染めた佳代さんの姿が、女性セブン6月11日号に掲載されました。これまでは深夜帯にしか動きがなかったのですが、コロナ禍で人通りが少なくなったのを好機と見ているのかもしれません」(女性週刊誌記者)

また小室圭さんの動きも活発化しつつある。今年、4月21日には、フォーダム大学のHPに、小室圭さんが同大学OBにインタビューを行ったという音声が公開された。また、雑誌NY Business Law Journal(2019, Vol. 23, No. 1)に、「Challenges and Implications for Potential Reforms of Crowdfunding Law for Social Enterprises」(社会的企業のためのクラウドファンディング法改正の可能性への課題と示唆)と題する論文を投稿していることも明らかになった。

「内容は、非上場企業がクラウドファンディングを活用して資金調達するための法整備についてです。小室圭さんはフォーダム大学で金融法を選択していますので、今回の論文とあわせて、企業の資金調達に関する法律家を目指していることが明確になりました。

一部週刊誌(女性自身、6/23・30号)やテレビ放送(羽鳥慎一モーニングショー、6/12放送など)では『小室圭さんの初任給は2000万円、最終的には年収1億円に!』と煽っていましたが、これは考えうる最高額で、実際には初任給は600万から800万円ほどが平均のようです。ですが母子ともに表舞台に戻ってきて、なぜかメディアはこれを高評価。いよいよ結婚が現実のものになってきたと実感します」(同前、皇室ジャーナリスト)

確かに12日放送の朝日放送「羽鳥慎一モーニングショー」でゲストの玉川徹氏は「今回努力だけじゃなくて結果も出している事が分かりました」なとど絶賛。「一体、小室さんをバッシングする理由なんてどこにあるんだろうって思う」と結婚を後押しした。



宮内庁は「有栖川宮事件もありましたし…」と困惑

新型コロナウィルスのため、皇室の活動は停止状態。それに伴い眞子さまと小室圭さんの結婚問題の報道も鳴りを潜めていた。しかし感染拡大が収束の兆しを見せるとともに、小室母子は再び表舞台に立った形だ。小室圭さんが資金調達のプロを目指していることに、宮内庁はどのように考えているのだろうか? さる関係者は語る。

「眞子さまと小室圭さんが結婚されれば、小室家は未来の天皇家の最近縁者ということになります。皇室の威光が、本人が望まずとも背後に光ります。そのような方が、資金調達関係の仕事をされるというのは不安でしかありません。小室圭さんが『悠仁親王殿下義兄』などの名刺を切られる可能性もあります。ウソでないだけに、これがまた厄介です。

かつて宮様を名乗りお金を集めた“有栖川宮事件”という詐欺事件がありました。『皇室』という二文字があるだけで、お金が自然と集まってしまうというのが日本の現状です。それだけ皇室は国民から尊敬を集めている。

小室圭さんには職業選択の自由があるとはいえ、やはり忖度や皇室利用が起こりやすい仕事にはついて欲しくないと思います。これは秋篠宮殿下も紀子さまお同じ思いだと信じています」(秋篠宮家関係者)

また元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように語る。

「これまで内親王方の嫁ぎ先は、神職や公務員など表舞台に立たない仕事の方が多かったです。やはり皇室関係者がお金に直接かかわる仕事につき、年収1億円などというのは国民の理解が得られないでしょう。質素倹約は皇室の宗とするところです。

『日本書紀』にも、仁徳天皇が都を難波高津宮に移したとき、宮はいたって質素であり、殿舎は何の飾り気もなく、屋根葺きの茅も切り揃えることすらなかった、民衆に労苦をかけず生活の充実を願っての措置であったと記されています。その精神を忘れないでいてほしい」(小内誠一)

眞子さまと小室圭さんの未来はどうなるのか? すでにお二人は何年も顔をあわせていない。テレワークの時代とは言え、ここまで愛を貫けるのは、純愛の証なのかもしれない。

“秋篠宮神社”が全国に ガウン寄贈が「紀子さまブーム」を産む?

愛子さま「養蚕」に、雅子さまと“二人三脚”で臨まれる

元侍従が平成皇室に苦言!「美智子さまはスタイリスト」の揶揄に込められた真意とは

10 件のコメント

  • だから別に結婚に反対なんかしていません。

    結婚するなら内親王としてでなく,皇籍離脱して一国民としてどうぞ❗️
    どっちみち結婚したら皇籍離脱するんだから。

    それにしてもマスコミもいい加減w
    最終的に年収1億円て。『濡れ手に粟』『とらぬ狸の皮算用』ことわざを秋篠家と小室家に贈ります。
    最近の事件でつくづく思うのですが(黒川さん事件,横田めぐみさん弟さん記者会見)等々)マスコミ報道,もちろんテレビも含みますが,本当に適当で歪んでいる。

    【朝日放送「羽鳥慎一モーニングショー」でゲストの玉川徹氏は「一体、小室さんをバッシングする理由なんてどこにあるんだろうって思う」と結婚を後押し】
    普通の家の親なら破談レベルです。 

    ここでしっかりと,秋篠家の皇族としての矜持を見せてもらいましょう。
    楽しみにしています‼️

  • 秋篠宮さまが結婚させてくれないなら皇籍離脱すると仰るなら、どうぞご自分の思う通りに御自由にして差し上げれば良かったですね。よく何だか分かりませんけれど。

  • 最近秋篠宮家がマコさん結婚容認に向けて世論変えようとしているのではないか、と思える記事や報道増えた気がします。
    小室家の信頼回復は難しい、と思います。破談か皇籍離脱しか選択肢ない思います。
    朝日さん、安倍総理と同じく秋篠宮家支持しているのは知っていますが、社内に「秋篠宮家を天皇とするプロジェクトチーム」まである、というのは本当なのでしょうか?
    日本国民の8割以上が、様々な新聞社などの世論調査(毎日・産経・朝日・共同通信・時事通信他多数)で、天皇家の敬宮愛子様を次の天皇と認めております。
    小室さんとの結婚が問題になるのも、秋篠宮家が暫定皇位継承第一位だからです。
    皇室は国民が尊敬できる存在でなくてはならないのです。金銭トラブルや他にも問題多すぎます。
    エリザベス女王が、国民からの批判に応え、交友関係に問題のある子息になした対応思い出してください。



  • 小室圭さんと眞子様が御結婚されるなら、秋篠宮家から天皇を出すことに、多くの国民は納得できないと思います。

    • 小室さんと誠にお似合いの眞子さまを育てた秋篠宮家から天皇が出るのは反対です。
      とはいえ、小室さんと眞子さまは誠にお似合いで、月だ太陽だと愛し合っているのですから、どうぞ結婚して下さい。ただし眞子さまは皇籍を離脱して。
      そして、そんな秋篠宮家から天皇が出るのはまっぴらごめん、皇位継承権を返上してください。身位は皇族のままで結構ですから。

      その後、皇室典範改正をせずに常陸宮さまが皇位継承順位第一位になられるのか。
      それとも敬宮さまに皇位継承権が与えられて皇位継承順位第一位になられるのか。
      そのあたりは皇室典範改正次第ですけどね。

  • 秋に新型コロナの第二波が来たら再延期の可能性と言う箇所が気になる。

    この二人最初は台風被害がなにかで発表延期、次が新型コロナ、そして次は、、、。

    第二波来ちゃう気がして来た。

  • 眞子さんの結婚延期の発表をどうして・どうして
    皇嗣礼の前に行わないのですか?
    日本人の大嫌いな金銭トラブルの解決もせずに結婚強行では、
    皇嗣を辞退するしか、大方の国民が納得しませんからですかね。

  • とにかく、平民でも親は、結婚相手の家柄を少しは気にかけます。国民の象徴と言われ、税金で40億とまで言われる家に住み、常に警護も税金、衣食住も学費も一家の全てが税金で賄われている事は、本人達も充分にその立場を理解しているのにもかかわらず、自分の都合に合わせて、ある時は、国民と同じと言うのは、蒸しがよすぎるのでは?
    恋愛と結婚とは立場を考えると違うのではないのですか?
    小室さん個人は素晴らしい方なのかも知れませんが、親は、余りにも常識から離れすぎで、小室家に、学費やら警護費やら生活費やら、就職先コネやら、弁護士関連の法改正やら、一家の都合の良いように事が流れていく事に、皇室の特権の凄さが恐ろしいです。
    国民が不安を感じているのに個人のワガママを権力で通していく一家は、本当に怖い。
    安部政権が怖い。



  • きのうのモーニングショーの玉川氏の言葉に目が点になってしまいました‼️
    流石は、秋篠宮御用達朝日‼️
    論文が評価されているとあったが、川嶋家お得意のゴーストがやったのではないかと疑ってしまう自分がいる‼️

  • 国民の声が眞子様に届かない。もしくは聴く耳を持たれない。本当に困った事です。眞子様おひとりの問題ではなく皇室の権威失墜にも繋がる重大な事件で有る事を理解されておられない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です