香淳皇后式年祭が執り行われる 天皇陛下の神事を支える「掌典」と「内掌典」とは

文/木下聡

香淳皇后祭

6月16日、昭和天皇の皇后である香淳皇后をしのぶ祭祀が皇居・皇霊殿で行われた。今年は崩御から20年となる「式年祭」となっていた。

「式年とは崩御から一定の年数が経った節目の例祭を表します。3・5・10・20・20・40・50・100 年、そして以後100年ごとの例祭日が式年祭とされています」(皇室ジャーナリスト)

香淳皇后は1903年(明治36)3月6日生まれ、2000年(平成12)6月16日に崩御され、歴代皇后として最長在位・最長寿の皇后として知られる(62年14日間、満97歳没)。

この日はご体調次第での出席とされていた雅子さまもご参列。陛下とともに玉串を捧げ、拝礼された。

宮内庁が「平成派」を一掃 “美智子さまの懐刀”が参与から外れる



皇霊殿

今回の式年祭が執り行われた「皇霊殿(明治21年竣工)」は皇居の奥の奥、宮中で最も神聖な場である「宮中三殿」の一つ。神武天皇から昭和天皇に至るまで124代の歴代天皇や皇后、皇族方の霊が祀られている場所である。

「明治時代、神道は国家の宗祀と定められ、重要な神事は天皇が自ら行うことになりました。これに伴い、京都御所から賢所が移され、皇霊殿と神殿と合わせて宮中三殿が建造されました。明治維新以降の宮中祭祀制度が始まって以降、我が国において最も尊い御殿とされています」(同前)

宮域は8,200平方メートル。檜造りで、当初は檜皮葺で建造された殿舎だが、災害に備えて現在は銅葺きに改修されている。



掌典職、内掌典

日頃、宮中三殿には「掌典(しょうてん)」と呼ばれる15名ほどの男性職員と、「内掌典(ないしょうてん)」と呼ばれる4~5人の未婚女性の職員が仕え、祈りを捧げている。

「戦後、宮中祭祀などは天皇陛下の私的な宗教行事とされ、それは現在まで踏襲されています。日頃は、祭祀に関わる職員である掌典と内掌典がここに仕え、神事を任されています。掌典は神社で言うところの“宮司”、内掌典は“巫女”という立場です。

掌典、内掌典は宮内庁の職員とは違い、天皇陛下の私費である内廷費で雇われている『私的な使用人』という立場になります。今回の香淳皇后の式年祭などの大祭には、陛下のお側でその神事をお支えする役割を果たしているのです」(同前)

美智子さま、香淳皇后への「積年の想い」 式年祭“欠席”が影落とす嫁姑問題

8 件のコメント

  • なるほど
    内廷費には少なくとも20名分の神職の方の人件費が含まれているわけですね
    若い方もいらっしゃるでしょうから平均して年間500万円と見積もれば1億円
    内廷費は令和2年度で3億2400万円ですからその他の経費を考えると潤沢とも言えない額ですね
    この御手元金の中から捻出して陛下は1億円寄付されたのですよね
    年間330万ほどですが、おそらく年間500万ほど貯蓄されるのでしょう
    バイト公務もなく、衣装道楽の方の陰で大変だったかも…

    • 本当に、そう思います。
      今上天皇皇后両陛下の自己研鑽と質素倹約の精神は、昭和天皇皇后両陛下と相通じるものがあり、世界に誇れます。
      次期天皇は、愛子さまが即位されて、この精神を継承していただきたいです。

    • そうですね。
      前記事にはこの事実が抜けていますよね。
      この他にも私的に雇っている職員さんもいらっしゃるだろうし。多分秋篠家は一番潤沢に資金のある家でしょう。
      ブータンだって私費で1億出したのだから。

  • 皇霊殿に入る天皇皇后両陛下の姿のニュースってありました?
    眞子の姿の写真はネットで出ていましたが?
    皇族もたいへんですね,スタイルをいつもチェックしないといけないから。

  • 天皇陛下の祭祀を補佐する掌典、内掌典さん。いわば天皇陛下の祭祀のお手伝いといえます。厳しい仕来たりの中で生活し常に清らかで有ることを守る方々の存在を教えて貰いたいです。



  • 掌典、内掌典は神社のご子息が就くと聞いた事ありますが、その人事に神社庁はどのくらい関わるのでしょう?

    先日某神社に、天皇家の家訓が掲げてあり、悠仁親王誕生祝いとあり大いに違和感ありました。

    悠仁くんは天皇家の親王では無いし、秋篠宮家の家訓(もしあれば)が書いてその下に誕生祝いと有れば分かるのですが。

  • まこかこの墓参りのテレビニュースしか観てなかったけど天皇皇后陛下は宮中三殿で祭祀をされているのはうつらないのですね、神聖な場所だからテレビカメラマンはそばまでいけないのですか?残念ですね、天皇陛下のお勤めが大変なことをもっと知るべきですね、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です