美智子さま“テニス仲間”が新参与に 「雅子さまとの間を取り持つパイプ役に」と関係者が期待

文/伊藤百合子

宮内庁、参与人事を刷新で「平成派」一掃か

今月18日、皇室の重要事項について天皇陛下の相談役となる宮内庁参与に五百旗頭真・兵庫県立大理事長(76)、風岡典之・元宮内庁長官(73)、寺田逸郎・前最高裁長官(72)の3人が就任した。

また同日付で、これまで参与に就任していた、渡辺允・元侍従長(84)、国松孝次・元警察庁長官(82)、羽毛田信吾・元宮内庁長官(78)、竹崎博允・元最高裁長官(75)の4人が退任となった。

平成の時代に、上皇ご夫妻の側近として仕えていた参与らが退任し、新たな参与が就任したことで、宮内庁の中からも令和皇室新体制への期待感が強まっているという。

「今回、退任した参与のうち羽毛田信吾氏は、美智子さまの懐刀ともいわれる側近中の側近でした。菊葉文化協会の代表理事も務めており、同協会が制作する令和元年の皇室カレンダーでは、天皇ご一家よりも上皇ご夫妻を優先させ、雅子さまと愛子さまのいない写真が選ばれているなど物議を醸したことがあります。その羽毛田を退任させたことに関しては、“新しい時代の皇室へ”という宮内庁の強い意志を感じ取ることが出来ます。

また、参与の選別に当たって庁内からは『現在の60歳の天皇陛下と近い世代の人物を参与に選任するべき』という声も上がりましたが、上皇ご夫妻の相談役も兼任する可能性が濃厚であるため、天皇陛下と上皇陛下の間を取り70歳前後の参与を揃えることになりました」(宮内庁関係者)

美智子さま「聖書事件」と「土下座謝罪」 否定しがたい“噂”の真相



美智子さまのテニス仲間の五百旗頭氏

宮内庁関係者の間では、代替わりに伴い、平成時代に参与を務めたメンバーが上皇陛下の相談相手となり、天皇陛下のための参与については新たに選任するよう求める声が上がっていた。

しかし、後任人事の調整が難航したこともあり、代替わりから1年以上が過ぎた今月になってようやく新たな体制でスタートすることとなった。また、今回の人事においては、上皇ご夫妻と近い関係にある人物をすべて排除するのではなく、ご夫妻のテニス仲間でもある五百旗頭真氏を就任させるなど一定の配慮もなされたようだ。

「今回参与に任命された三名のうち、五百旗頭真さんの就任は美智子さまのご意向を反映させたと囁かれています。五百旗頭さんは、2011年に軽井沢で上皇ご夫妻とテニスを楽しまれるなどして交流を深めてきました。また五百旗頭真さんの父・真治郎さん(1894-1958)は、熱心なカトリック教徒として名高く、1940年には“大聖グレゴリウス勲章”をローマ教皇庁から日本人として初めて受賞しました。

同じくカトリック系列の聖心女子学院を卒業された美智子さまとは、そういう信仰面でも共通点が多く、気兼ねなく何でも相談できる信頼あるパートナーのような存在でもあります。今後は参与として天皇陛下のアドバイザーを務めると同時に、天皇ご一家と上皇ご夫妻のあいだを、より具体的には美智子さまと雅子さまの間を取り持つパイプ役になることが期待されているようです」(同前、宮内庁関係者)

このようなパイプ役を設置する理由は、昭和から平成への代替わりした時の教訓からであるという。

「平成に御代が移った時、香淳皇后と美智子さまのあいだで意思疎通がうまくいかなかったことが何度もあったそうです。そのようなことが再度起きないようにという美智子さまのご配慮でしょう」(別の宮内庁関係者)



上皇陛下専任の相談役も検討

また、これまで参与を務めていた4人は、18日に退任となったが、宮内庁の中からは「今後も、上皇陛下が気心の知れた相手に相談されるための仕組みは必要」といった声も上がっており、新たな役職としてこの4人の中からそのメンバーが選ばれる可能性もあるようだ。

とはいえ、現在皇室関連予算の見直しが進められる中で、同庁内では新たに上皇陛下専任のアドバイザーの役職を設置することに関して慎重な姿勢を求める意見も強い。そのため、この役職の新設の是非や、その人事についても、今後、調整は難航しそうだ。

美智子さま「聖書事件」と「土下座謝罪」 否定しがたい“噂”の真相

16 件のコメント

  • 令和になったというのに,引退した上皇に何故相談役が必要?
    要は上皇を利用して,陛下にマウントを取りたい上皇職の魂胆見えてます。一体いつになったら上皇職65人減らされるの?
    上皇さま〜,上皇職が『自分達は介護職ではない』って言ってたんだって。早く秋篠家に職員さんを分けてあげたら?
    はっきり言って陛下より遥か年上の参与など,陛下の役に立つのだろうか?
    陛下はこれからグローバル化された世の中を漂う日本の為に祈りを捧げ,まだまだお働きにならないといけない御身の上。
    両陛下について来られないような参与なら,即,御退場願います。

  • 令和に変わったというのに、まだ平成を引きずっている気がするのは私だけ?

    なぜ天皇家に近い人材を選ばないのでしょう。
    五百旗頭さんは雅子皇后とのパイプ役に、とのことですが、美智子様のテニス仲間と言う事は、何だか天皇家にスパイのように潜り込んで上皇夫妻に色々と情報を流したりしないかと勘ぐってしまう。どうしても上皇夫妻寄りの人選に思えて仕方ない。

    雅子皇后もせっかくご回復の途上にあるのに、結局この人事は上皇夫妻にばかり気を使った人選に思えて天皇家がお気の毒に思える。

    平成の急先鋒の羽毛田氏が退任になっただけ、救われたと思うべきなのか…

    いつになったら本当の代替わりとなるのだろう。

    • 美智子さんが存命中はホントの令和の時代にはならないでしょうね
      結局宮内庁だって気を使ってるのがみえみえだし
      早く新しい時代が来てほしいと思うのは私だけですか?

  • >宮内庁の中からは「今後も、上皇陛下が気心の知れた相手に相談されるための仕組みは必要」

    必要ありません
    公務から退いた御方が相談されるべきはご友人、あるいは心理カウンセラーの方が適任ではないでしょうか
    宮内庁OBが上皇夫妻の話を聞き、いつまでも影響力を及ぼして現役に圧力をかけることは百害あって一利なしです
    人事を刷新した意味もないでしょう

    お厭だったら引退されなければよかったのです



  • >五百旗頭さんは、2011年に軽井沢で上皇ご夫妻とテニスを楽しまれるなどして交流を深めてきました

    2011年3月11日以前の軽井沢は、まだ寒いのですよね。
    屋内コートでテニスしていたのかな?

    もしかして、テニス大好き明仁天皇と美智子皇后(当時)は、2011年3月11日を過ぎて良い気候の頃にテニスしたのかしら?

    東日本大震災の被災者や被災地の苦労を無視してテニスしていたのかしら?

    そういえば、美智子皇后(当時)は長年にわたって仕えてくれた女官の出棺時刻に合わせて「追悼のテニス」をしていたほどなので、
    東日本大震災の犠牲者を思いながら追悼テニスしていたのかもね。

    うんうん、立派な美智子さまですこと!

  • なぜにここまで引退した夫婦に気兼ねしなければならないのでしょうね。

    記事を読んで透けて見えるのは美智子前皇后への忖度。
    しかももう美智子妃はバリバリクリスチャンというのが当然の如く話が進んでいる。
    神道トップの家がこれで良いでしょうかね。

    天皇家の最大の務めは日本の八百万の神々に国と国民の安寧を祈る役割でお手振りご公務では無い。
    どうりで日本に災害が多い訳ですね。

  • 上皇に相談役は必要ない。かなり老人性もお進みの御様子に見受けられるので、美智子様の相談役でしょうかね。

    五百旗頭さんは失敗でしたね。上皇上皇后の意のままになる人物ですね。お二人のテニス仲間!
    それに美智子様と同じバリバリのクリスチャン。天皇家って神道のトップの家じゃないのですか。なぜ相談役がクリスチャンなのですか?

  • 皇后陛下と引退した前の皇后のパイプ役等不要
    かなり老人性のご病気も進んでおられるであろう上皇に相談役も不要。上皇職も60名以上いりません。もっと減らして、今後さらに必要になるであろう介護に適した職員をつけられたらいかがでしょう?
    そもそも令和になり天皇陛下のための参与な訳だから、もっと陛下に年齢も近い方々が選出されるべき。
    未だに上皇職の力が強くてそのようにはできなかったということでしょうか?



  • 羽毛田氏が退任したのは良かった、と思う。
    この人は、令和2年皇室カレンダーで、令和時代たまから、天皇ご一家を一番先に載せなければならないはずなのに、天皇ご一家より先に、上皇夫妻を載せたカレンダーを作成し販売した人物で、元美智子様の側近。批判され、発売中止になったらしいですが、あの時は唖然としました。

  • 雅子様と美智子のパイプ役を務めるのであれば、雅子様に違い方の人事にするべきではなかったのではないだろうか ⁉︎ と、疑問に思われる。

    退位された方の意向を汲んで全員が年配の方方の人事と云う事にも疑問を感じる。
    皇室の最高位として これからご活躍なさる今上天皇陛下にこそ、
    最優先してご配慮がなされるべきだったのではないだろうか?

    又、65名とも言われている上皇職員を減らすべきだと国民の云う意見が多い中、
    上皇陛下専任のアドバイザーの役職の設置の必要性がどこにあるのか?
    退位後は全ての公務から退き、 静かに暮らしたい と言って自ら望まれて退位され、

    もう、公務も無く 2人で静かに暮らされるのに、何故 これ以上の専任の職員が必要とされるのか?
    天皇陛下や雅子皇后にこそ、そのような方がもっと必要なのではないのだろうか?

    折角、この度
    「宮内庁、参与人事を刷新で『平成波』一掃科
    との謳い文句で 風通しの良い宮内庁を目指されるのであれば、

    これからは平成を引きずる事無く、何事に於いても今上天皇御一家を最優先され、
    国民も納得出来る宮内庁の在り方を目指して頂けるよう、期待したく思う。

  • 個人的に宗教は自由でいいとおもいますが、それをひとに押し付けるのは良くないとおもってます、美智子さまはクリスチャンの教育を受けていらしたでしょうが神道の祭司もされたでしょうし各々の宗教を受け入れる幅広い心があってもよいとおもいます、批判的であってはならないと思ってます、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です