紀子さま“結婚報道”にみる、美智子さま流「メディア操作」 小室さん報道との共通点も

文/伊藤百合子

いつの時代も注目を集める皇族方の結婚報道

現在、秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚延期状態が続いている小室圭さん。ワイドショーや週刊誌等のメディアでは、執筆論文の専門誌への掲載など、留学中の成果が大々的に報じられているものの、いまだ多くの国民から信用を得るには至っていないのが現状のようだ。

2017年9月に婚約内定の会見を行って以来、国民の注目を集め続けているお二人だが、こうしたことは特別ではなく、過去にも皇族方のご結婚は多くの国民の注目を集め、そして賛否両論の議論を巻き起こしてきた。美智子さまは初の平民出身ということで良くも悪くも注目を集めた。そして実は、眞子さまの両親である秋篠宮殿下と紀子さまの時も同様である。秋篠宮殿下(当時は礼宮文仁親王殿下と呼ばれていた)のご結婚相手の候補として紀子さまの存在がメディアや国民に知られた際にも賛否両論様々な反応があった。

おふたりは秋篠宮殿下が結成されたサークル・自然文化研究会での活動を通じて親しい関係となり、その後、秋篠宮殿下が「私と一緒になってくれませんか?」とプロポーズされ。紀子さまは、突然の求婚に驚かれ「よく考えさせていただけませんか」と返答されたそうだが、後に結婚を承諾され、1989年9月に婚約が内定した。

この頃の日本はバブル崩壊直前で、ジュリアナブームの真っ只中であったが、そんな時代に紀子さまの清楚で可憐な姿を見た多くの国民は、「まだ日本にこのような女性がいるのか!」と一様に魅了され、空前の紀子さまブームが巻き起こった。

しかし、それと同時に週刊誌やテレビなどのメディアはお二方の結婚に関して「昭和天皇の喪中なのに婚約を強行した」と批判的に伝えてもいたのだ。しかし後になって報道を冷静に読み直すと、紀子さまをめぐり秋篠宮殿下には“恋仇”がおり(しかも同級生)、「はやくプロポーズしなくては取られてしまう」という焦燥感があったようだ(松崎敏弥『紀子さまの優しい微笑み』フローラル出版)。

小室佳代さん“悲嘆”「眞子さま引き取るのは義務」と親友に語った夜



朝日新聞記者と懇意の関係となった紀子さま

メディアによるお二方へのバッシングは「喪中結婚」の問題にとどまらず、「結婚できないのなら皇室を離れます。紀子を連れていってイギリスで一緒に暮らす」といった秋篠宮殿下のご発言を報じ、殿下のわがままで結婚を強行しているかのような印象操作も行われた。

さらには、紀子さまがの皇族入りすることへの野心のために、殿下と結婚をしたなどという報道するメディアも存在した。このことは、現在の小室圭さんが一時金目当てで眞子さまを結婚するつもりだ、などといったバッシングとも似通っている。歴史は繰り返す――ということだろうか?

このようにマスメディアから執拗な攻撃を受け続けた紀子さまは、この時、ご自身と秋篠宮殿下の名誉を守るために驚くべき行動に出られたのだ。

「紀子さまは、この時になんと報道関係者を避けるのではなく、むしろ積極的にご自身や秋篠宮殿下との関係や内情について伝えることで、ある一人の朝日新聞の記者と懇意な関係になられたのです」(全国紙社会部記者)

その懇意となった記者というのが、朝日新聞社会部記者の内藤修平氏だ。ご結婚前の紀子さまと内藤氏のやり取りは『週刊文春』2019年5月30日号に詳しく記述されている。

記事では、紀子さまが、内藤氏に対して、果たして秋篠宮殿下との「結婚が本当に認められるのか」といった不安を口にされていたことや、「もし結婚が認められなければ、学者になりたい」といった心情を吐露された様子がありありと描写されている。

中でも、特に重要のやり取りは、紀子さまが「(結婚で)騒がれると高校生の弟が心配です」と述べられたことだ。これをきっかけに内藤氏はお二人の結婚を確信したという。その後、内藤氏は福岡に転勤となったが、紀子さまの親族がわざわざ福岡のホテルまで訪ねてきて、「結婚はまだですよ」などタイミングを伝えていたようだ。

「確かに、現在の価値観ではこのように皇族が特定のジャーナリストと懇意な関係となり、内部情報をリークして意図的にメディアの報道をコントロールすることは、メディアとの癒着であるとして非難されるべきことかもしれません。

とはいえ、当時の紀子さまはまだ年齢もお若く、皇族でもありませんでした。また何よりメディアからの大変なバッシングに苦しまれておりましたから、せめてもの自己防衛のつもりでこのようにメディア関係者と懇意な関係になられたのでしょう。このような距離感の取り方は見事としか言いようがありません」(前出の社会部記者)

実際に、当時、多くのメディアが両者の結婚を批判する中で、朝日新聞は比較的好意的に取り上げていた。そして、その見返りとして紀子さまから他紙に先駆けて、直接いち早くお二方の関係や内情についての情報を受け取っていたようだ。



現在も秋篠宮家を好意的に取り上げる朝日新聞

秋篠宮家と朝日新聞の記者らとの関係は現在でも良好だ。最近では多くのメディアが秋篠宮家に対する厳しいバッシング記事を掲載しているが、朝日新聞は比較的に穏当な内容の記事が多い。これも、やはり、結婚前から紀子さまが朝日新聞の記者らとの交流を続けてこられ、信頼関係を形成してきたからこそ出来ることだろう。

現在、メディア報道により、バッシングや誹謗中傷などが問題となることが多いが、紀子さまはお若い頃からこのようにメディアによる悪意ある攻撃から非常に賢明な方法でご自身や秋篠宮殿下の評判や名誉を守ってこられたようだ。

「皇室とメディアとのお付き合い」といえば、数々のバッシングを鎮めてきた美智子さまが真っ先に浮かぶ。もしかしたら紀子さまの妙技は美智子さまから授けられた「花嫁教育」の一環だったのかもしれない。

小室佳代さん“悲嘆”「眞子さま引き取るのは義務」と親友に語った夜

19 件のコメント

  • 伊藤友香子さんは好意的に書きつつ、実は紀子様と朝日新聞には癒着があったし、それは今もあると教えてくれているのだろうか。また美智子様も朝日新聞と癒着があったとここに書き記されている。

    紀子様美智子様というより、川嶋家・正田家というほうがより適切であろう。二十歳過ぎの小娘や二十五歳にもならない当時のお金持ちのお嬢様がそんなコネをつけられるハズはないのだから。というか、つけていたら怖い。どんな策士だろうと思ってしまう。

    紀子様が胸を揺らしてジョギングなさっていたのは当時は天然に見えたけれど、実はあざとい作戦だったのかと今になると思ってしまう。

    • 昭和では,美智子妃は明仁親王に見染められ,断るつもりでアメリカニュース逃したが結局逃げきれず‥みたいな事情かまことしやかに巷で伝えられていた。が,後年とある新聞社の記者の,美智子妃結婚当時の手記を読んでみると,なんだ『逃げたなんて嘘じゃん』と呟いた箇所は,『長いヴェールを被った写真が新聞掲載されてしまい,破談になってしまうと泣き伏した』とか,懇意の記者のために報道陣が家を取り囲む中,その記者の為に『正田家の裏木戸を開けておき,女中さんに案内させた』なる箇所でした。
      多分,泣き伏して自分の思い通りに事を運ぶなんて,あの時から常套手段だったのでしょうね。
      執筆者様,よく分かりませんが,上げながら下げるってたいへんですね。
      一日も早く,率直に素直に伝えられる日が来るといいですね。

  • 一風変わった見識でいらっしゃいますね
    紀子さまはお若かったけれども、川嶋辰彦さんがいろいろ動いてたじゃないですか
    やっていることは大胆でしたたかなのに「紀子さまはお若かったから…」ですか?

    都合によって「ウチには皇位継承順位のついている者が二人もいるのに!」という一方で
    「ウチは宮家ですので東宮家よりも目立つことはできません」とか使い分ける秋篠宮家のご体質に似た考え方の記者さんですね
    今後の記事に期待します

  • メディアに圧力をかけ嘘の報道は
    ウンザリです。
    秋篠宮家は信用は全くありません。
    ビニールガウンも枚数までごまかし
    寄付と何度も流させたり
    天皇の1億円寄付が素晴らしいのをあまり報道させなかったり裏工作がばれてました。
    よく使う優秀というのもコンプレックスの塊です。
    秋篠宮、紀子さん共々漢字すら読めないし
    国民は愚か発言は人間性が問われます。

    人を欺いたり嘘、隠蔽ばかりの皇族はいらない。

    結婚も国民に不快な思いをさせず離脱してから
    すればいい。

    これ以上マスコミ操作はするだけ自分たちの
    恥さらしになる。



  • もしかして、眞子さんの結婚についても朝日優先でリークですか。
    眞子さんは結婚前に皇室と縁を切らねばなりませんよ。結婚前に、です。
    立皇嗣礼の後に結婚 などと策略はお止しなさい。
    秋篠宮家姉妹の女性宮家なんぞ断固反対。
    立皇嗣礼なんてあるかどうかもわかりませんよ。

    筆者さんに伺います。
    昭和天皇が「カワシマ某、不快なり」と仰ったこと、どう思われますか?

  • そもそも傍系に皇位継承が移る事事態がおかしいし解せない‼️皇位継承はあくまでも天皇家で代々継承していくのが当然の正しい継承ではないか⁉️それがたまたま天皇家長子が女という理由だけで男児のいる次男坊に皇位継承が移るという異常事態‼️これねえ神はあの世で怒ってます‼️だからリッコウシ儀式延期になった⁉️今度は秋にやる⁉️ムリムリ❗コロナ感染数増大し災害等の連続で中止だね‼️天皇家を無視したやり方は間違っている‼️
    天皇家には愛子様という立派な直系長子の存在がいるのですから‼️
    それよりも極めてキケンな匂いがするコムロを早く清算し解決に全力を尽くしてください‼️

    • もろ手を挙げて、ご意見に賛成!!
      直系長子相続以外に皇統を継続させていく術はありません。
      まかり間違って傍系が継ぐことになっても、天皇・皇后という尊称は
      与えるべきではないと思います。

  • 『紀子様のやさしい微笑み』
    今となってみれば面白いネーミングの本ですね。
    【紀子さまはお若い頃から〜非常に賢明な方法でご自身や秋篠宮殿下の評判や名誉を守ってこられたようだ。】
    そうだったんだ〜。

    今はどんな状態?
    今からでも遅くない,一家で皇籍離脱して❗️

    • 紀子や美智子のシタタカさと通じるものが有る人間性なのでしょうね!
      紀子の方からわざわざ情報を提供してくれて、

      一方の言い分だけで 裏を取らず、労力無くして他社よりいち早く記事を
      スッパ抜く事が出来れば、こんなに美味しい仕事はありませんよね!

      そのような癒着で長年、雅子様や愛子様をおとしめ続けて来た記者や朝日は
      記者としても組織としても信用出来ず、最低!



  • 天国から昭和天皇はみておられます。昭和天皇があれだけ反対されていた川島紀子さん。喪中に結婚して最後の最後まで秋篠宮は、昭和天皇不孝されました。昭和天皇は人間観察は素晴らしい方です。どうか令和天皇、雅子さま、愛子さまをお見守りください。

  • 10年以上前、海外に住んでいたころ、年配のイギリス人女性から「プリンセス雅子は大変ね」と言われたことがありました。当時はネット記事なども見ておらず、雅子さまの置かれた状況を知らなかったため、「よく知らない」と答えました。今思えば、あの当時から「雅子さまバッシング」があっていたのだと思うと自分の無知が恥ずかしくなります(当時から海外では雅子さまに同情的な声が多かったのでしょう)。

    一部の皇族は常套手段として用いてきたのでしょうが、メディアと結託し、自分の都合のいいように「世論を誘導する」という行いは決して「賢明な方法」などというものではありません。そのような方法を利用する者は皇族の資格がなく、非難されてしかるべきだと思います。現在も過去に習ってか、同じような方法で、皇室関係者になろう、あるいは女性宮家の創設を待って皇族となろうと企んでいる輩がいます(絶大な力を持つ大先輩が手助けしているでしょう)。

    印象操作や押し付けの類の報道には「NO」と言い続けたい。天皇皇后両陛下に敬意を払わない報道には「NO」と言い続けたい。世界に誇る皇室を守るため、そして雅子さまを擁護できなかった自分の行いを正すため、本来あるべき正しい方向に進むよう、一国民として声を上げていこうと思っています。

  • 皇室関連の記事は真実をそのまま書くと危なくなるから、虚実混ぜ合わせて、読者に想像させて事実に辿り着かせるって事でしょうか。

    でもね、年齢によってはそのライブを見ているので、記者さんより年上の人達は知っているんだよね、何が本当か。

    ひょっとしてこの記事は記者さんと同年代か若い人向けなのかな。そうすると読者に想像させるのは難しいかもね。当たり障りないところで言える事は、少なくとも私の周りにはキコさんブームなんて無かったよ。

  • なるほど文仁くんには恋敵がいて、結婚を急いでいたわけだ。
    相思相愛なら、普通そんなことしないんだけどねぇ。



  • 立皇嗣礼の後に結婚 などと策略はお止しなさい。
    秋篠宮家姉妹の女性宮家なんぞ断固反対。
    立皇嗣礼なんてあるかどうかもわかりませんよ。

    本当に、そうです。

    美智子様と紀子様は、皇族と結婚したかったの?
    美智子様は、一時 海外に逃げた? っていっていたような?

    まあ?皇族に嫁げば?今のように湯水のように 御衣装、作れるし?
    国内 海外 に、いき放題!笑って 手を降って?いればいい?
    秋篠宮の婚約発表、喪服でしたし?
    昔も、おかしいと 思ってはいましたが?常識がなかったのですね?
    上皇家と秋篠宮家の、昭和天皇の喪には、しないと!
    うわべだけ?

    まったく、本当に、ガラガラと仮面が~剥がれるのですね?

    秋篠宮家の眞子様が、結婚しようとしている方も?常識がなかったのですね!
    人のお金で、荒稼ぎ?
    損は、自己責任?
    昔も今も、人のお金で!行動ですか?
    信じられない!

  • あの時心理学分野の知人らから、秋篠宮は結婚に耐えられるか、大丈夫か、と話題になっていた。

    結局こういう事。

    子供もそうだし、夫婦も昔のように仲がいいようには見えない。

  • 「正田美智子は、明仁皇太子からの求婚から逃げるために欧州へ旅立った。」

    なんて真っ赤なウソですから!

    その証拠。

    週刊朝日(昭和33年12月7日号p13)

    「各地で特別な扱い」、
    「彼女のスケジュールはすべて大使館から大使館へと組まれていた。飛行場へ着くと、大使館の車が待っている。乗るときも もちろんそうである。」、
    「プライベートな一人の女性の海外旅行にしては”異例な大使館旅行”だった」。

    明仁皇太子から逃げるどころか「アタクシは未来の皇太子妃美智子である!」と言いながら欧州旅行している。

    マスコミと仲良くなると、ウソを事実に、事実をウソに転換できるのだと分かります。

  • 誰かが一番信頼できる人だと、思わせる報道のあり方、やめるべき。
    前天皇の学友 橋本明氏、また今回の朝日の記者、まるでその人の言うことは真実であるが如き authorize された印象を植え付ける。 渡辺みどり氏 の言うことはまるまる信頼していた私でした。

    持ち上げる、良いようにばかり、純真で悪気などないような印象ばかり植え付けようとする、または、弱さをアピールして 日本人のハートに取り入ろうとする そんな報道はうんざりです。もうそのやり方に気づいたからには。

    黙して語らず、誠実に淡々と生きておられるかた、すなわち天皇皇后両陛下に 心からの尊敬を禁じ得ません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です