なぜ愛子さまは、美智子さまから“外された”のか?「写真集」にみる悠仁さまとの違い

文/木下聡

美智子さまはいつまでも主役

世は令和となったが、いまだに出版界の主役は美智子さまのようだ。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下 晋司さんが監修した『上皇・上皇后さまがお慈しみの植物図鑑』(イースト・プレス)が17日に刊行された。両陛下のお傍にあった83種の植物を、お歌やエピソードとともに紹介する植物図鑑だ。

「売り上げは今一つ。平成の頃は美智子さまの写真を表に出せば飛ぶように売れたのですが…。やはり令和になり上皇陛下も美智子さまも皇居から引っ越されたのに、吹上御苑にある植物を両陛下と結びつけるというのは、いささか需要を外した感がありますね。しかしそれでも美智子さま需要はあります」(都内大手書店店長)

美智子さまの人気は未だ衰えずといったところだろうか? 宮内庁の外郭団体・菊葉文化協会がつくる皇室カレンダーでは、令和になっても雅子さまより美智子さまの登場回数が多い。

それより驚かされたのは令和元年11月9日の国民祭典(天皇陛下御即位奉祝委員会)で使われた告知資料だ。なんと中央には純白の衣装に身を包む美智子さまのお姿が。お隣の上皇陛下は背景と同化してしまい、凝視しなければ「存在していること」すら気付かない。まして主役である天候陛下と雅子さまは欄外に小さくオマケ扱いだ。

国民祭典の告知資料

秋篠宮家「令和になって予算倍増!」はズルいのか 天皇家と宮家の不平等



宮内庁監修の写真集が続々と…

令和となっても平成と変わらぬ存在感を放つ美智子さま。先ほどの出版関係者は次のように続ける。

「昭和の頃は、よほどの記念がないかぎり皇室写真集など刊行されませんでしたが、平成のあいだは、“何でもいいから、ともかく記念を探して出版する”という状況でしたね。普通は出版社側が宮内庁に『監修』を依頼するのが通例なのですが、宮内庁側から出版社に刊行を打診することもあったそうです」(同前、都内大手書店店長)

と言って見せてくれたのは、宮内庁協力の元、扶桑社から出版された『皇后陛下古希記念―皇后さまの御親蚕』(2004)と、これを増補した『皇后陛下傘寿記念―皇后さまとご養蚕』(2014)の二冊だ。

「2004年に刊行された写真集は、美智子さまの古希(70歳)を記念して出版されたもの。皇后陛下の単独記念にもかかわらず立派な本が出版されたので驚きました。正倉院宝物の修復に美智子さまの生糸が使われたことを記念して、どうしてもこの業績をカタチとして残したいという強い希望があったそうです。

さらにこの10年後に傘寿(80歳)を記念して同書が増補され再刊されました。さすがにもう売れないだろうと思いきや、これがバカ売れ。会合などで配布するために500冊まとめ買いされる団体さんもいらっしゃったほどです。あの時ほど美智子さまパワーに驚かされた日はありません」(同前、都内大手書店店長)



悠仁さまが載るのに、愛子さまが載らない…

女性週刊誌で皇室記事は定番だが、出版業界でも美智子さまは押しも押されもせぬ“女帝”のようだ。ところがこの『皇后陛下傘寿記念―皇后さまとご養蚕』が2014年に再刊されたとき、宮内庁では一筋縄ではいかない揉め事があったという。当時、宮内庁に務めていた小内誠一さんは次のように語る。

「揉めた争点は二つありました。第一に、天皇陛下の傘寿記念ですら宮内庁監修で本を出していないのに、美智子さまの傘寿記念で本を出すことについてです。やはり『目立ち過ぎる』という懸念がありました。ただでさえ美智子さまは天皇陛下よりスポットライトがあたりますので…。

第二に、悠仁さまや紀子さまのお写真は追加するのに、愛子さまや雅子さまのお写真は載せなかったことです。新版(2014)には旧版(2004)に色々なエピソードを加えました。2006年に悠仁さまがお生まれになっていましたから、美智子さまの小石丸(国産の蚕)で織られた悠仁さまへの御産召(おうぶめし)の写真が載りました。

しかし旧版が刊行された2004年の段階で愛子さまは既にお生まれだったのに、同様のエピソードは載せませんでしたし、新版でも追加されなかった。

この二点についてかなり揉めましたが、結局、秋篠宮ご一家のエピソードは満載なのに、東宮ご一家を無視するという写真集に仕上がってしまいました…」(小内誠一さん)



愛子さま養蚕を美智子さまは知っていたのか?

2014年版に増補されたページ「悠仁さまの御産召(おうぶめし)」

美智子さまの養蚕写真集には、秋篠宮家のエピソードは満載だが、雅子さまや愛子さまに触れることは無い――。

この小内さんの発言を受け写真集を見直すと、確かに美智子さまが眞子さまに宛てた手紙や、悠仁さまの御産召の写真は確認されるが、愛子さまや雅子さま、そして皇太子殿下(現、天皇陛下)の写真が一枚もないという構成だった。

しかし“写真集騒動”はこれだけに終わらない。最後に小内さんは呆れ気味に次のように語った。

また、これはつい最近明らかになったことですが、宮内庁は今月12日に、愛子さまが小学校三年生から自宅で養蚕に親しまれていたと発表しました。

そうであったのにこの写真集に愛子さまのエピソードは一切載らなかった。これはは異常事態でしょう。美智子さますら愛子さまの養蚕を知らなかったのか、それとも知っていても載せなかったのか…。どちらにしても恐ろしい」(小内誠一さん)

平成の時代、天皇家と東宮家の断絶の深さがしばしば週刊誌を賑わせてきた。まさか美智子さまが出版された写真集がそれを裏付けるとは恐るべき現実である。

秋篠宮家「令和になって予算倍増!」はズルいのか 天皇家と宮家の不平等


30 件のコメント

  • 国民統合の象徴の后ともあろう御方が
    感情を顕にして長男一家をのけものにするとは全く以て嘆かわしい限りです
    上皇陛下までさしおいておられたとは存じませんでした
    要するに自分だけ輝いていたい
    嫌いというよりも長男一家は自分が霞むから徹底して排除というわけですか

    新しい視点をありがとう御座いました

    • その通りと思います。なんて恐ろしく浅ましい。
      小内さんご自身がエピソードを書かれると、多少遠慮が入ると思います。
      木下さんがインタビューされて紹介される、この書き方の方が、印象深く感じます。
      嫌なことばかりかもしれませんが、ぜひ今後も闇を暴いてください。
      天皇家のために祈ります。
      心の清らかな方々は、国民統合の象徴にふさわしいですね。

      • 同意します。
        このスタイル、いいですね。
        しばらく見るのが嫌になってましたが、久々に見たら小内さんがコッソリ登場されてて嬉しくなりました。
        これまで踏み込んで言えなかった事も、チョイチョイ盛り込んで下さると、なお嬉しいです。
        宮内庁参与の顔ぶれに不安も拭えませんが、侍従長さんは信頼出来る方のようだし、宮内庁さんも愛子様の養蚕みたいなスカッと情報を期待しています。

  • 組織ぐるみのイジメですね。
    決して反論しないとわかっている人をイジメるのは面白いですか?
    昭和天皇、香淳皇后だったら決して許さなかったでしょう。

    宮内庁の中でも真っ当な意見を言える人は少ないのでしょうか?
    敬宮様ご養蚕のニュース、よく発表できましたね。
    美智子さん媚び媚びと同じ組織とは思えません。

    話変わりますが、「お慈しみ」って表記は合っているのでしょうか?
    「お」は不要と思うのですがどうなんでしょう。

    • 気骨のある侍従は、全て左遷されますね
      イェスマンだけが生き残れます

      「聴く耳を持たない」事が何と愚かな事か…

  • ゴメン、令和元年11月9日の国民祭典(天皇陛下御即位奉祝委員会)で使われた告知資料を見て思わず吹き出してしまった!余りにもあからさま過ぎでしょ(笑)
    しかも「何これ?天皇両陛下おまけじゃん」と思ったら、記者さんもそう思ったという・・・

    〉会合などで配布するために500冊まとめ買いされる団体さんもいらっしゃったほどです

    あくまで団体でしょ?普通の買い物客じゃなく。
    そうなると、美智子さんの知り合いか息のかかった団体が購入したと考えるのが自然だと思うけど。

    〉第二に、悠仁さまや紀子さまのお写真は追加するのに、愛子さまや雅子さまのお写真は載せなかったことです

    まあ、渡辺みどり著「美智子さまから眞子さま佳子さまへ プリンセスの育て方」の本でも敬宮さまを省いていたし、昨年のカレンダーの令和元年5月の写真でも雅子皇后と敬宮さまを省いていたので、今更何を聞いても何も驚かないよ。

    雅子様と敬宮さまの気持ちを考えるとホント胸が痛くなる。でも、逆に言えば、美智子さんに「可愛がられなかった」から愛子様はあれだけ立派に成長したとも言えるよね。

    それに、これから益々敬宮さまが立派に成長して、「素敵なプリンセス」になったとしても、「美智子さまのプリンセスの育て方」には含まれない以上、育てたのは両陛下であって美智子さんの手柄にはならない。

    逆に「美智子さまに育てられた」眞子佳子姉妹の現在は・・・。

    まぁとにかく、これまで辛い思いをされた分、雅子様と愛子様には幸せになってもらいたいです。



  • あの時代は皇太子殿下御一家(今上陛下御一家)外しが極端でした。
    週刊誌は競うように雅子さまや敬宮さまを悪く書き、しまいにはデマや誹謗中傷だらけだった。
    それが原因で皇室離れになった人を私は知ってます。
    令和になって戻ってきた人もいる。
    それだけ、天皇皇后両陛下は愛されているのです。

    上皇后、もう認めましょうよ。
    自分は雅子さま、敬宮さまが嫌いだって。憎いって。天皇陛下のことも浜尾侍従、昭和天皇に対して良い感情持っていなかったって。
    それを素直に認めましょう。
    その方が上皇后の為です。
    だから、カレンダーや写真集でも外したんだって。
    誰かの責任にしないで潔く認めてください。

    • 当時は皇室の記事、読みませんので知りませんでした。
      が、前の天皇はいったいなんだったんでしょうか?
      どうしてあんなに丸め込まれてきたんでしようか。
      そうわかった後は、あらゆる前天皇のなさりよう、いわゆる功績に、疑問を持ちます。
      どんな人柄だったんだろう。
      視野が狭い方だったんだろうか?
      今まで持っていた平成の皇室への尊敬の念が、ガラガラと崩壊し続けています。

  • 敬宮さまが、小学三年生から養蚕にしたしまれていたという宮内庁からの発表。
    やっと、やっとまともな方向へ動きだしていると感じる。
    女帝様の長い長い支配下にあった事実。
    過去は戻せないけと、どうかこれから崇高な皇室を取り戻して欲しい。
    皇室を著しく下げた秋家は皇籍離脱してほしい。

  • 天皇陛下一家御つらかでしよね、雅子の人格を無視する様な事があると、お話された時は悔しくて情け無く、よっぽどの事があった でも、今国民は解ってます。素晴らしい令和の天皇陛下一家です。一度も旗を振りに行ったこと無いが、行こうと思う。 躰にお気を付けられて家族仲良くお幸せにお過ごし下さい。愛子様楽しみです。

  • 今日は4本記事が並び,その内容も揃っていて理解し易かったです。このサイトが立ち上がってからは,立ち上がった理由を考えながら記者の略歴も読んでいます。
    ところで当記事執筆者様
    【なぜ愛子さまは、美智子さまから“外された”のか?】
    この題の答えは?
    述べられておりませんよ?

    前皇后写真集が需要がある?団体がまとめて購入するのは,普通で考えても答えが判りそうなもの。それに宮内庁が出版を打診するなど,どう考えても異様です。皇室の品格はどこに行ったのでしょう?

    多分前皇后は敬宮様が蚕を飼育されていた事をご存知なかったでしょう。今上と皇后様が,敬宮様を必死に守られたのでしょう。
    どなたかが仰るように,『〜素敵なプリンセスの育て方』そこに敬宮様の名前は無かった。
    万歳!良かった!
    おかげで敬宮様は国民の85%が天皇への継承を望む立派なプリンセスになりました。
    とあるサイトのアライグママスコットが,渡辺みどりの例の本の題を見て『面白いわ,これ。いやぁ,読んでみるものですね。』と感想を述べていました。私もマルッと同感です。
    執筆者様,表題の答えは?



  • いつも不思議に思うのは、なぜ大の大人が、しかも賢いであろう人達が、この昭和に入内し平成さらには令和になっても女帝として君臨している美智子サマに従わざるを得なかったのか?上皇も数々のいじめや所謂『ハブ』くことを諌めなかったのか?

    そこには、男子を一応、二人産んだらしいという事実(本当のところは知りませんが)があるから、偉そうに振る舞うことに誰も何も出来なかったのかなと私は思います。

    紀子サマも1人をお作りになり

    『これで、アテクシ様同様、アタクシも将来の皇后で、将来の天皇の生母だわ!』

    ということを思ったのでしょうか。返す返すも雅子皇后陛下が長年にわたり身動きできないように、監視され縛られ敬宮殿下までも酷い仕打ちを受けお二人を守るために必死に頑張ってこられた今上陛下を思うと、よくぞ命を絶たずに堪えていらしたかと思い平成4人組+列外1ではあるけど元内親王1名計5人に怒りを覚えます。

    自分より優秀で美しい、しかも国内外から人気があるというだけで雅子皇后陛下に、こんなに憎しみを持ち、ありとあらゆる手を使い苦しめる女帝は本当に恐ろしい人です。

    女帝は、もはや十分年を取ってはいますが、悔い改め残り少ない人生を今上陛下ご一家にとって1㍉も良からぬことを企むなどをせず、隠居らしく静かに終わってもらいたいと願うばかりです。

  • ここまで我が息子、嫁、孫をけむたがり、冷酷な事(イジメのレベルではない)が出来る母親が居ること。しかもそれが日本の頂点の女性と讃えられていたとは…知っていながら眺めていた当時の職員達、今も残って居る60人からの侍従達、恥ずかしくないのでしょうか? 当時のマスコミ達も 皇太子殿下を〈長男〉とか〈息子〉とか、 妃殿下を〈雅子〉と呼び捨てにしていた事実。
    その関わった全ての人達、今どんな気持ちでしょうか。 
    良心はありますか?

    今上陛下は、ずっと変わらず皇后雅子さまと、敬宮さまを大切に守って来られました。本当に決死の覚悟だったと思います。が、決して他を責めたりせず、本当に大切な事は何なのか、静かに国民に示して下さいました。

    令和になり、コロナがいろんな事を見せてくれているように感じます。今のこの有様は、現代人に、本当に大切な事は何なのか、良く無い事は何なのか、価値観が問われているように思います。便利になり過ぎた世の中で、少し昔の暮らしを見直すいい機会のようです。皇室も少し昔の昭和天皇皇后の時代がすばらしかったのでは?
    令和からは、悪意や見せかけ、表向きなどなど通用しないこれまでと違う世の中に変わって行く事と思います。そうである事を念じています。

    • 正にその通りです。耐えがたきを耐え、忍び難きを耐えてこられた今上陛下、皇后陛下、敬宮愛子内親王殿下の、これからの永き幸せを願わずにはおられません。対して上皇后は言動行動はお慎みあそばし静かに隠居生活をお楽しみ頂きたいと思います。上皇様は平成の間、天皇陛下としてのお勤めだけでなく上皇后の事プラス秋家一家の事でのご心労、今までさぞご苦労なされたと思いますが、ごゆるりとおご自身の事だけ考えられて、おすごし頂きたいと思います。

  • どうか天皇ご一家が、本当に幸せになられますように。
    今、国民の大半は天皇ご一家のすばらしさを理解している、と思います。毎日、国民の安寧と幸せを願い、宮中祭祀をしてくださっていることも。陛下の誠実さも。
    日本国民の8割以上が、敬宮様を次の天皇と認めるほど敬宮様はご立派に成長されました。
    日本はこれから陛下の下で、弥栄え、繁栄していくことでしょう。
    皇統は必ず正当な方が受け継がれる、と信じます。
    皇室を守る八百万の神々が守ってくださいます。

    ところで、私はずっと天皇ご一家のポスター、欲しかったのですが、宮内庁さん、もういい加減にしてください!天皇ご一家が、これほど国民に敬われているの何故理解しないのですか!怒りを感じます。

    ご一家だけの写真集、販売ください。
    特に、敬宮様お一人のお写真欲しいです。(陛下申し訳ありません。)部屋に飾ります。敬宮様、どこかで見た天照大神の肖像画にそっくりです。

    • 私も同感です
      温かくご立派な天皇陛下と皇后さまがお育てになられた愛子さまの初々しく品格のあられますお姿のお写真をつくってください
      天皇ご一家のお写真も是非お願いします
      どんなに心温まり元気が出るでしょう

  • 美智子様はご結婚当時は本当にお美しくかったです、皇室に入られご苦労があったのか激やせされた頃は驚きました、スタイルがよいのでモデルのように衣装でごまかされていたようです、平成時代は莫大な衣装費を使われていたらしいから、写真集もつくりたくなりますよね、でもご結婚前のお顔からは想像できないような盤若面のようお顔になられていくのに驚いていました、やはり雅子様のお若いお美しさにどうしようもない嫉妬心があったのですね、いままでのように私が一番は退かれ令和時代の今生殿下を苦しめることのないようにお過ごしされると安らかになられるとおもいます、

    • ご公務はそれほど多忙ではなかったと小内さんの記事にあったので私的な外出や夜遊びでお疲れだったのでしょうか?



  • 令和の世は、今上天皇家を、多くの国民がお守りします。多くの国民は、両陛下とともにあります。
    清らかな令和の世と皇室の弥栄が、永く永く続くことを願っています。

  • 敬宮愛子様は私達日本人が長らくお仕え親しまれた古き良き皇族の模範たる方だと思っています!
    美智子上皇后様、雅子皇后様、あっての愛子様だと信じています。今から百年二百年の日本という国を思うなら国民は敬宮愛子様だと信じています。
    どんな国体にあっても皇系が保てていたからこその日の本であると思います!秋篠宮様の皇位継承も長い歴史の中でも必然にしかり!されど愛子様の天皇即位も必然にしかり!です!
    私は皇室こそ国民の憧れであり、模範たる家庭と思っています!どちらが次期天皇陛下であらせられても国民は従い敬う存在であって欲しいです!

  • 陛下が、私が一生かけて全力で雅子さんをお守りしますと仰った、あの言葉忘れもしません。

    陛下は素晴らしく愛に溢れた方です。

    皆さんの意見に同感です。
    愛子様は素晴らしい御両親のもとにお生まれになり、人柄が、オーラがもう別格です。

    将来の天皇には愛子様以外考えられません。

    御一家の幸せを願います。

  • 皇后様のお好きなように、なさったら良いと思いますよなさればなさるほど、あなたの性格がおのずと見えてくるので…すべて悪の心は自分に戻って来ますよ~皆バカではないのですから…残念



  • 平成の時代、天皇家と東宮家の断絶の深さがしばしば週刊誌を賑わせてきた。まさか美智子さまが出版された写真集がそれを裏付けるとは恐るべき現実である

    なんだ、美智子様は ご自分より 目立つ存在 優秀なものを 排除していたのですね?

    男子を産んだからといって、皇太子家より 1宮家を
    上におくなど、どうかしているのでは?

    自分さえ目立てばいい?上皇様さえ もしかして したに見ているの?
    支えているのではないの?

    昭和天皇達だって?皇太子家ということで、ちゃんと
    宮家と 一線、引いたのではないの?

    いくら気に入らない、平民上がりの嫁でも?

    昭和の時代、民間から 天皇のお世継ぎ 皇太子妃になられる方は、初めて!

    頑張って、宮中になれていったのではないのですか?

    平成時代、すべて 自分達のいいようにしてしまったから、今の秋篠宮家の身の丈にあわない
    皇太子家を、ないがしろにする風潮が、あったのでは?

    とにかく、美智子様が 皇太子家を軽んじていたのですね?
    それで、秋篠宮家のお嬢様達だけを、ご指導したと?
    結果は、ダメダメだったと?

    天皇家は、反対に美智子様のご指導なかったから、帝王学を、学ばれた天皇陛下と雅子様で 育てられたから、立派になった?というのですね?

  • 昭和天皇と浩宮様は、人となりがよく報道され、幼い頃から親近感を抱いてきましたが、上皇様は「あれ?どんな人なの?」と、平成になった時もいまいちピンときませんでした。

    昭和天皇は戦争責任を感じられて現人神を自らやめ、国民の傷を癒し国民に親しまれる皇室になるようにと努力されていたのがわかります。
    しかしその後の上皇様は……
    何を目的とされていたのかどうもぼんやりしていました。現代の天皇とはなんなのかというビジョンを感じられなかったです。

    令和になりこのような内幕が暴露され、ああやっぱりという気持ちです。

    現在の天皇皇后両陛下は、国内のみならず世界に目を向けられているのが明らかです。こういう広い視野、見識を持った方々が日本を代表してくださることは国民の誇りです。

    しかしながら皇統が秋篠宮家にうつってしまえば、上皇上皇后様の時代よりもっとひどい状態になってしまうでしょう。
    いい加減早く女性も天皇になれるように法改正していただかないと、男子を産んだ嫁が権力を持つだなんて、明治時代のお家騒動みたいなことをいつまでやってるのと思います。

  • 皇室・陛下を、ゴシップニュースとして取り上げる全てのメディアが、信用できない。
    皇室・陛下の噂話を飯の種にする輩………そう言われても仕方あるまい。有ること無い事書くのが収入源。
    皇室・陛下は、日本のみならず世界の業を背負って、スメラミコトを演じて下さっているのだから、せめて人間側だけでも「そのままでベスト」「成った現状がベスト」の姿勢で、ただただ感謝申し上げるのが、日本国民と呼ぶに値する。
    他に誰が、その役目(陛下・スメラミコト)を務められるだろう……???
    神輿をひたすら担ぎ続けるのが氏子の役目。
    神輿の役目は、ひたすら担ぎ続けた人の、成れの果て。
    全体でひとつ……………それが国家です。

  • 平成の時代からも現上皇夫妻が葉山やらに休養の時は必ず秋篠宮一家が合同され、とNHKが真っ先に報道してましたからね。上皇夫妻にとって今に至るまで天皇ご一家を除け者にし、いじめをしてきたことを何とも思わない人たちなのでしょう。それは今さら驚きません。天皇としてあまりに相応しくない行為である恥ずべき行為であるということだけです。また上皇夫婦に依怙贔屓されてることをいいことに、兄を差し置き平気で兄ご夫妻の頭越しに上皇夫婦と馴れ合いまくまくる秋篠宮一家のはしたなさ、普通であれば自分たちは弟であり出過ぎた振る舞いは戒めよう、と思うのが常識です。両親と兄夫婦が疎遠であれば心を痛め、何とか橋渡しをしようと気を配ったり兄たちが呼ばれないなら自分たちも遠慮する、という上品さが微塵もない
    結局、上皇夫妻と秋篠宮一家は似た者同士といえると思います。だから類は友を呼ぶとしても、国民の見本となる天皇という立場を少しは考えて欲しかったですね。常陸宮ご夫妻は兄夫婦を差し置くなどとはしたないことを一度もなさらなかった。常陸宮妃殿下は出自から香淳皇后に気に入られていたようですが贔屓を表に出すようなことは一切ありませんでしたし、常陸宮妃殿下は常に美智子さまより一歩下がり目立たないように気配りされてきました。高貴な振る舞いとはこのようなことです。
    昭和天皇ご夫妻が皇太子夫妻を差し置き、常陸宮夫妻を別荘に呼んだことなど聞いたこともありません。
    昭和天皇は天皇としての秩序をしっかり守っていらっしゃいました。
    だからいまだに昭和天皇は国民に深く尊敬され愛されるのでしょう

    • 前の天皇夫妻って次男家族にベッタリだったんだね。
      そういう変なのってたまに聞くわ。
      一般人にも居るけど、嫌われてるよ。

      昭和天皇ってカリスマよね。子どもの頃、天皇陛下が亡くなって、
      新しい天皇になるって嫌だったな~。同級生もそう言ってた。
      私たち、昭和後期生まれだから、子どもの頃、天皇って言えば
      この人って感じで。でも、やっぱりね!立派な人だったんですね。

      人を見る目はあるって感じてたけど。良かった~。
      社会人になって、平成の皇后陛下が会社の近くのホームに来るって、
      パートのおばちゃんが、悪い人じゃないんだけど、
      白髪のおばあさん見て「美智子様、綺麗だった~」って、言ってて。
      私もたまたま見かけたんだけど、「えっ?」って思った。

      もしかして、若い頃は綺麗な人で、記憶補正なのかな?って。
      でも、今思うと、やっぱり綺麗な人って感じなかったのよ。
      年とってたからじゃないと思う。

      だって、コロナが始まる前にスポーツで仲良くしてくれた年配の
      お友達みたいになってくれた優しいおばあちゃん、
      とっても綺麗に感じる人とか居たのよ。別に美人とか元美人とかでなく、
      旦那さんに先立たれててもすごく愛されてお幸せに生きてきた感じが出てて、
      年なのにお肌につやがあって。
      顔立ちじゃなくて、オーラって言うの?がキレイな人よ。

      まぁ、年配の方のほうが、中身は出るよね。

      黒い車からニコニコ手を振ってるのパッと見ても
      わかっちゃったんだと思う。

  • 昭和天皇夫妻が平成両陛下に意地悪をしたことはありませんが
    平成両陛下や後の黒田清子さん秋篠宮夫妻がこぞり東宮にイヤからせや

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です