紀子さま“皇室入り”を、唯一認めた「美智子さま」の慈愛 眞子さま結婚も後押しへ

文/伊藤友香子

紀子さまも苦しめた嫉妬とやっかみ

現在、恋人の眞子さまを日本に残し、ニューヨークのフォーダム大学にて留学を続ける婚約内定者の小室圭さん。両者の結婚の意思は固いと報じられているものの、いまだ多くの国民が反対しており、先行きの見えない状態が続いている。

多くの国民が結婚に反対している最大の理由は、母親の佳代さんが抱える400万円の借金トラブルであるが、その他にも、小室圭さんの剥き出しの野心や上昇志向も関係しているようだ。

「これまで週刊誌等の取材により、小室圭さんの学生時代の友人の証言などから、小室圭さんが“野心家で非常に上昇志向の強い人物”であることが明らかになりました。

もちろん、一般的な20代の若者であれば問題ありませんが、女性皇族の結婚相手として“あまりビジネス志向の強い人物は如何なものか”といった不信感が国民の間にあるようです。

また、一部では“小室圭さんは眞子さまと結婚した際に得られる一時金を目当てにしているのではないか”あるいは“将来、女性宮家が創設されることを目論んで皇族入りを目指しているのではないか”などと噂になることもあり、いまだ十分な信頼を得られていません」(全国紙社会部記者)

これは一種の嫉妬ややっかみであるともいえる。つまり、一般庶民で家族が借金問題まで抱えている小室圭さんと皇族である眞子さまとはでは「釣り合わない」というわけだ。

実は、世間のこうした反応は30年前に紀子さまが秋篠宮殿下と結婚された際にも見られた。秋篠宮殿下(当時は礼宮文仁親王殿下と呼ばれていた)と学者一家であった紀子さまのご実家の川嶋家では財力が家柄が全く違っていたためだ。

ご結婚前の世間やメディアの反応に関しては『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて――「お嬢さま」と呼ばれたい‼』(ブレーン出版、1990)や、高清水有子『秋篠宮さまと紀子さまの愛の十二章』(学習研究社、1991)などに詳しく書かれている。

秋篠宮家「令和になって予算倍増!」はズルいのか 天皇家と宮家の不平等



紀子さまの皇室入りを歓迎された美智子さま

歴史を振り返ると、美智子さまのご結婚がそうであったように、慶事あっても回りすべてが歓迎ムードになるわけではない。美智子さまのご実家は資産家であったにしても平民の出であったため、発表当初、「本当に皇室に馴染めるのか?」「不釣合いだ」と周囲から危惧の声があった。その筆頭は香淳皇后(美智子さまの姑)であり「東宮さまの御縁談について平民からとは怪しからん」と結婚に反対していた(『入江相政侍従日記』昭和33年10月11日)。そもそも当時は「平民が皇室入りする」という概念がなかったのだ。

歴史は繰り返す。1989(平成元)年8月、秋篠宮殿下(礼宮)と紀子さまの結婚内定報道の時も、多くの国民とメディアが、お二人の結婚に疑問の声をあげた。もはや平民/華族というような区別意識は無くなっていたが、資産家でもなく中産階級の出だった紀子さまは、美智子さま以上に同じ苦労し、皇室に馴染めるはずがないというのである。当時は「礼宮さまが望まれても川嶋家は固辞する」と言い切る記者もいたようだ(『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて』ブレーン出版)。

また、当初は上皇陛下(当時は天皇陛下)もこの結婚に反対していたという。その理由は明らかではない。もしかしたら美智子さまの苦労を最も近くで見られていた陛下の心中には「紀子さんに同じ苦労をさせたくない」という想いがあったのかもしれない。だが、そうした中、周囲の反対を押し切り、お二方のご結婚を強力に後押しされたのが他ならぬ美智子さまであった。

「皇室内での様々な苦労に耐えながら、皇室改革に取り組まれてきた美智子さまにとって、秋篠宮殿下と紀子さまの想いが旧習により阻まれるのは見るに忍びなかったのでしょう。

結婚前に、上皇ご夫妻と川嶋家の紀子さまのご両親が会談された際、その詳細は分かりませんが、一説によると最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親に対して、美智子さまが熱心に結婚するよう説得されたそうです」(前出の社会部記者)

この面談の際、美智子さまは、なんと「経済面で川嶋家に苦労をかけさせない」という主旨の事まで仰られたそうだ(前掲書)。このようなエピソードからも美智子さまが如何にお二人の結婚の実現のためにご尽力されたかが伺われる。



眞子さまのご結婚を容認される紀子さま

このように、紀子さまと秋篠宮殿下のご結婚は、多くの国民やメディアから反対を受けていたことや、それでもなんとか結婚を実現しようという固い意志を持っていることなど、現在の眞子さまと小室圭さんとの結婚問題との共通点も多い。

これまで、小室圭さんや母親の佳代さんに対して不信感を持たれ、結婚に関して強硬に反対され続けてきた紀子さまであるが、複数の週刊誌等が伝えるところによると、最近ではそのような姿勢も軟化されているという(女性セブン 2020年7月2日号)。また過去の経緯を見れば、美智子さまもこの結婚を後押ししたという気持ちでいっぱいであろう。元宮内庁職員の小内誠一さんはこの状況を次のように推察する。

「内部から漏れ伝わる声を総合すると、秋篠宮家から宮内庁への連絡は一切なし。ですが、紀子さまは疲弊してしまい早期決着をつけたいと考えているようです。あとは父・秋篠宮殿下次第といったところでしょうが、殿下ご自身も周りの反対を押し切って結婚していますから、今さら娘に強く言えないのでしょう。まして『結婚するな』と強制することは憲法の精神に反しますし。秋篠宮ご夫妻は難しい選択を迫られています」(小内誠一さん)

その心中は想像するしかないが、もしかすると、ご自身が若い頃に周囲の反対を押し切り想いを遂げられたように、多くの国民に反対されながらも愛を貫き通そうとする眞子さまと小室圭さんに過去のご自身と秋篠宮殿下の姿を投影されているのかもしれない。

秋篠宮家「令和になって予算倍増!」はズルいのか 天皇家と宮家の不平等


26 件のコメント

  • きれい事でまとめないで下さい。
    どういう流れで結婚に至ったか国民みんな知っています。

  • それで? 慈愛がどうしたんですか? 嫉妬とやっかみ? どこが?
    眞子さんと小室氏はどっちもどっち、人として釣り合ってるじゃないですか。
    天皇ご一家と親戚関係になるのが嫌なんですよ。
    だから皇室と縁を切ってから結婚なさってと言ってるんです。
    キコさんに嫉妬してる人って見たことも聞いたこともありませんよ。
    美智子さんが礼宮とキコさんを結婚させた?
    ごたごたは 美智子さんに原因があると言いたいんですか?秋篠宮には責任なしと?

    私の読解力が劣っているせいか 仰りたいことが良くわかりませんでした。

    • ですよね。

      美智子の慈愛ではなく、我儘でしょ?

      他人のものも自分のモノ。国民が納める税金も自分のモノ。ジャイアンみたいな性格。

      皇室の者と言えど結婚相手に対しての好みがあるのは致し方ない事ですが、全く結婚してはならんと言ってるわけではなく、皇室特権と税金を使わない結婚であればどうぞご自由にと言ってるのが理解出来ないの?
      それでも日本最古の伝統ある皇室の人間なの?日本語理解出来ない皇族要らないよ??

  • 一瞬、女性自身かと思いましたよ。このサイトにこんな印象操作記事が載るとは思わなかった。仕方がないのかもしれませんが、残念です。

    • 同感です。
      バランスを取るというのはこういう記事を書くことではないと思います。
      小室家や秋篠宮家の何がおかしいのか,私たちは何に憤っているのか,記事を書いた人にはもう一度掘り下げて考えていただきたい。
      印象操作しようとして美辞麗句並べ立てても無駄です。騙される人はほとんどいないと思いますよ。
      人となりは顔や態度に如実にあらわれます。
      結婚を強行するなら秋篠宮家ごと皇族やめてからにしてもらいたい。その際,小室君につぎ込んだ税金は耳を揃えて国庫に返還願います。



  • 何故、眞子さんは国民のほとんどがこんなにも反対しているお相手と、何がなんでも結婚したいと云うのであれば、皇室を離脱しないのか。一般人となって誰に意見されることなく結婚したらいい。
    30歳にもなってダラダラと曖昧な関係を続け、親に反抗しているように見せながら、将来設計もせずに皇室や国民に寄生している。
    両親がしたように「皇室を出る」という脅し文句を使って、女性宮家設立まで事態を引き延ばそうという狙いであるとするなら、これは親に逆らうというより親と心を一つにして濡れ手で粟を狙っているとしか思えない。
    そして、美智子も紀子もこんなことで疲弊するような精神の持ち主であるはずがない。ただ、面倒くさいだけであり、自分たちの評価が下がるということを一番心配しているだけなのだろう。

  • なんだ?この記事。

    全く価値のない記事で、伊藤さんという方はジャーナリストなんでしょうか?それとも美智子サマ紀子サマ眞子サマ小室親子の上げ上げ応援隊の一員ですか?

    • 下のプロフィールを見ると、この記事を書いた伊藤さんは1980年生まれで紀子さんが結婚した頃はまだ10歳にも満たない子供だったので、当時の状況をよく知らないのでしょうね。

      私自身は勿論、私の周りでも当時紀子さんに「嫉妬」した人は誰もいませんでした。ただ、あんな「平々凡々」な家柄の人でも皇室に入れるんだ!ってびっくりしただけ。
      小室に関しては、嫉妬ややっかみどころか、小室親子の生き方や考え方に嫌悪感を抱いているだけ。

      それにしてもリニューアルされてからこのサイト段々と秋篠宮家寄りになってきましたね。
      しかも秋篠宮一家と小室に対する「現在の世論を何とか良くさせよう」とする目的があからさま過ぎて気持ち悪い。

  • まぁ,このサイトが出来た理由をかんがえれば仕方ないのかもしれませんが,この頃露骨ですね。
    それに『やっかみ』とありますが,それって国民の事を言ってる?
    それは大きな間違いだわ。昭和では長く『美智子妃は明仁さんとの結婚を断るためアメリカには逃げた』とも噂されていたから,関心の無かった私は,美智子妃は「人身御供」のように思ったいました。
    それにどうでもいい事ですが,紀子妃の独身時代の官舎,いつから3LDKになったんですか?確か,3DKじゃなかったっけ?
    雅子様か現れた時,『本物が出てきちゃったな〜』と感じ,そこから皇室に更に関心を持つようになりました。
    国民は,品格と国民の安寧を願って下さる皇室を求めています。
    その私達に『やっかみ』とは,もしかして喧嘩売ってる???
    執筆者様,この『やっかみ』は執筆者様のご意見?それとも平成の天皇ご夫妻と秋篠一家のは意見?

    • 同感。
      こういう記事を見ると、
      やっぱり、もう皇室もいらないかな?と感じます。
      令和で天皇制終わればいいかも。
      秋篠宮家なんかにのさばられたくない!

    • 紀子の実家は3DKの学習院の住宅です。3LDKではありませんよ。
      納采の時は金屏風でガス台を隠して行いましたね。国民は妬みません。国民を馬鹿にしていませんか。

  • 全く皇室記事は信用できないグチャグだチャだ云って最後は理解すると言う三文文学だ皇室の終りの始まり



  • 紀子さんの件は嘘です。

    川島家が怒鳴り込んで皇室入りをさせろと騒いだのは
    国民は知っています。
    ごまかしても分かること。

    昭和天皇のお言葉が正しい。
    秋篠宮に継承は許さん。

    小室の件も離脱してからすればいいこと。
    国民の迷惑をかけるな。
    国の金を当てにするな。

    川島、小室問題は除籍してからだ。

    • 昭和天皇がお隠れになってすぐに明仁天皇の所へ怒鳴り込んだってね。
      あと、あの婚約スクープ、本当は宮内庁から礼宮との交際を控えるよう厳重注意される為に呼ばれたらしいけど、懇意にしてた朝日が婚約と大嘘を垂れ流して宮内庁が引けなくなったって聞いたけど本当かしらね。
      婚約後、朝日新聞社に訪れて「お陰様で婚約しました」って挨拶して岩井にフカヒレラーメン奢ってもらったとか。
      朝日新聞使って婚約偽造したらうまくいったのが本当のところじゃないかね。
      招かれざる者だったのは間違いないと思うわ。

  • 真子さんが結婚したければ皇室から離れてからなら
    問題はないんだ。
    皇族として税金で小室親子、角田ファミリーと
    生活しようとするから反対なんだよ。
    分かるだろう。

    紀子は川島家族も住まわせて隠蔽だらけの
    暮らしている。
    国民をバカにするのもいい加減しろ。

    紀子が皇室に入りたくて天皇につきまとったり
    秋篠宮に乗り替えたり国民は知っていても
    無言を貫いてきたがもう秋篠宮家は無理。

    嘘だらけで集ることしかしない家族は
    離脱して自由に暮らすのが望ましい。

  • 畏れおおくも、皇家に対し、各コメントは何なんだ。
    貴様等、皆、中共か半島の賊どもの、廻し者か、その類いだろう。
    国の政策や方針は、皆で種々の論議をすべき。
    皇室の話は、別物。
    こんな話題にすべきではない。

    • 恐れ多くもって…時代劇並の台詞ですね、
      国民の多くが皆さんのコメントを支持していると思いますが、そう思っているのは私だけでしょうか?
      納得のいかない事にははっきりとNoと言える社会になるといいですね。



  • 小室佳代さんが眞子さんを引き取らないと他の相手とご結婚できないと、友人に話たと友人の談話の記事ありましたけど眞子さんは何がなんでも、結婚を急いでおられるのでしょうか?眞子さんが本当に小室親子と家族となりたいなら皇室離脱してからご結婚してくとさい、日本にはすめませんよ、どうぞアメリカで稼いでくださいね!

  • 日本語が変なコメントばかりですね!
    日本人じゃない方々の日本の皇室に対する誹謗中傷は無用!!

  • まったく話になりません。国民の血税で生活しておりながら、国民の意志を無視するようなことはできないはずです。昔、天皇陛下は神様と言っていましたが、今は象徴天皇です。どうか、国民から敬愛される皇室になってもらいたいです。そうでなければ皇室は要りません。小室問題は論外の話です。美智子様もそういう人間だったのかと不思議でなりません。

  • 縁があって恋愛されたお二人応援してあげましょうよ。圭さんも頑張っているじゃないですか、日本のために弁護士として頑張ってくれますよ。人に幸せを潰すのはやめましょうよ。もう充分痛い思いもされたでしょうに。もう悪い意味で追いかけるのは、止めてあげてほしい!



  • 平民だろうが貴族だろうが構いませんよ。借金や脱税をなんとも思ってない奴らに税金使わせる事になるから問題になってるんでしょ?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です