男性皇族はなぜ「和服」を着ないのか? 悠仁さま「袴羽織事件」を振り返る

文/宮本タケロウ

悠仁さまの「羽織袴」姿

昨年、ブータンを私的旅行された秋篠宮ご一家ですが、その際の悠仁さまの服装が、物議を呼びました。

問題の焦点は、悠仁さまが「羽織袴」をお召しになって公的な場に現れたこと。というのも「羽織袴」は武家の服装であり、皇室の男性が着る服装ではないからです。

これにより、「羽織袴は皇族に相応しくない」という意見がネット上に散見されました。

しかし、ここでふと疑問に思うこともあります。

女性皇族は頻繁に和装をするのに、男性皇族が和装をしないのはなぜだろうか…と。

確かに、園遊会などで女性皇族は頻繁に着物をお目にしなるのに、男性皇族の和装は今回の悠仁さまの羽織袴姿の他、宮中祭祀や儀式の場面以外では、筆者は一度も見たことがありません。

(園遊会)

女性皇族がみな着物をお召しになるのに、男性皇族はみな燕尾服ですね。

そもそもこれはどうしてなのでしょうか?

今回はこの「男性皇族と和装」について考えてみたいと思います。

男性皇族と和装

まず、男性皇族と和装について、旧宮家出身の作家・竹田恒泰氏はこう述べます。

紋付羽織袴は武士の服装であり朝廷とは馴染まない服装。男性皇族が着物をお召しになるとしたら(中略)武家の紋付羽織袴は避けるべき。

竹田恒泰氏ブログ

つまり、皇族が公的な場面で和装をするとしたら、武家の服装(羽織袴)ではなく、朝廷の伝統的な衣冠束帯であるべきということでしょうか。

確かに、即位礼や宮中祭祀では男性皇族は衣冠束帯をお召しになりますね。

(平成の即位礼)

では、非公式な場面ではどうでしょうか。竹田恒泰氏はこう述べます。

明治時代、私の曽祖父が紋付羽織袴で写っている写真があります。でもそれは、公式なものではなく、極めてプライベートな、家族との写真です。これにより、明治期には、皇族男子であっても、普段着として着流し、羽織、袴など(つまり武士の服装)を身に着けることはあったことがわかります。

竹田恒泰氏ブログ

私的な場面では羽織袴を着ても問題ないと言えそうです。これらの写真がその最たる証拠でしょうか。

これは皇室の内輪の集い(1月3日は元始祭のほか、宮中行事はない)の写真です。

以上、ここまでの議論から、皇族男性は公的場面で和装をするとしたら衣冠束帯であるべきで、私的場面であれば羽織袴を着ても何ら問題ないということが言えます。

男性皇族と洋装

では、議論を更に進めます。

男性皇族が和装(衣冠束帯)をする公的場面は宮中祭祀や即位礼など非常に限られており、女性皇族にくらべ、男性皇族はほとんどの公務に洋装でのぞみますが、これはどうしてでしょうか? 

そもそも、なぜ男性皇族は公的場面で洋装をするのでしょうか?

この理由は、明治時代に遡ります

歴史学者でもある三笠宮家の彬子女王は論文「女性皇族の衣装の変移について」でこう述べます。

明治 4(1871)年に明治天皇は「服制更改の勅諭」を下して洋装を奨励し、翌年には自ら燕尾型御正服を着用されている。同年、太政官布告として「大礼服並上下一般通常礼服ヲ定メ、衣冠ヲ祭服トナシ、直垂、狩衣、上下等ヲ廃ス」ことが通達され、古来皇室で儀礼の服として着用された装束類は、祭事の服として残されるのみで、宮廷服としては廃止され、儀式用の服装は大礼服等の洋服と正式に定められることとなった。

彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」『京都産業大学日本文化研究所紀要』第24号

明治4年の「服制更改の勅諭」はこのような文章でした。

朕惟フニ風俗ナル者移換以テ時ノ宜シキニ随ヒ國体ナル者不抜以テ其勢ヲ制ス今衣冠ノ制中古唐制ニ模倣セシ
ヨリ流テ軟弱ノ風ヲナス朕太タ慨之夫レ神州ノ武ヲ以テ治ムルヤ固ヨリ久シ天子親ラ之カ元帥ト為リ衆庶以テ其
風ヲ仰ク神武創業 神功征韓ノ如キ今日ノ風姿ニアラス豈一日モ軟弱以テ天下ニ示ス可ケンヤ朕今断然其服制ヲ更メ其風俗ヲ一新シ祖宗以来尚武ノ国体ヲ立テント欲ス汝等其レ朕カ意ヲ体セヨ

(口語訳の要旨)思うに、衣冠などの装束は昔の唐の真似で軟弱であり、日本独自のものではない。神功皇后の時代は今のような衣服ではなかった。軟弱な服装を改め、尚武の国の在り方を打ち立てよう。」

今でも男性皇族の服装が洋装がスタンダードであるのは、この明治天皇の勅語「服制更改の勅諭」と太政官布告にずっと従った結果といえます。そして、この太政官布告は男性のみに対してなされたものであり、宮廷の女性は和装のままだったと彬子女王は述べています。

男性の服装はこのように急速に変更されたが、表に出ることの少なかった女性の服装はこの限りではない。平常はもちろんのこと、儀式の際も五衣・唐衣・裳の十二単や袿袴などの装束が使われていた。

明治 14(1881)年からは、宮廷での儀式に政府高官の夫人も参列を許されるようになり、勅任官・奏任官の夫人に対し、袿袴の制が定められた。袿と単に切袴、檜扇を手に持つ、袿袴という十二単の略装にあたる衣裳が、参内する女性の通常礼服となったのである。

同上

男性皇族の正装が洋装(大礼服)となった一方、女性の正装が和装(袿袴)となったということが分かりますね。

(大礼服姿の明治天皇と袿袴姿の照憲皇太后)

最終的には女性皇族の正装も「婦人洋服の制」が定められ、明治中期から洋装となっていきますが、明治時代から「男性は洋服、女性は和服」だったと言っても決して間違いではないでしょう。

以上、「男性皇族と和装」について考えてきました。

何気なく見ている皇族の衣装ですが、なかなか深い歴史がありますね。

最後に、個人的にはですが、男性皇族の正装が洋装と定められた文明開化・脱亜入欧が求められた時代の要請だと思いますので、現代では、女性皇族のように、和装(羽織袴)で公的場面にお出ましになっても良いように思えます。

「羽織袴は武家の服装だ!」とはいえ、鎌倉時代には皇族将軍もいましたし、戊辰戦争では有栖川宮熾仁親王が朝敵を討つ東征大総督でした。南北朝時代の征西将軍・懐良親王も有名ですね。

そういうことを考えると、武家の装束を皇族が着ても問題ない気がします。

伝統衣装のワンチュク国王ですが、秋篠宮殿下はスーツにネクタイ姿です…

羽織袴の悠仁さまと”ゴ”を着たブータン王子のペアのほうが、何となく、しっくりきませんか?

明治時代の欧化政策の名残をいつまでも引きずるのも、考えものかもしれませんね。

紀子さま実家が、ガウン300着を製作か 寄せ書きに「りこ」の署名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です