紀子さまの“対抗心”「悠仁にも田植えのお手伝いを」 愛子さま“養蚕”に倣い

突然発表された「愛子さまの養蚕」。そこに込められた未来への覚悟とはなにか。そして意外にも、この報に最も動揺したのは紀子さまであったという。

文/佐藤公子

愛子さまの養蚕

宮内庁は今月12日、愛子さまが養蚕されている写真を公開した。発表によれば愛子さまは小学3年生の授業で育てた蚕を持ち帰り、自宅の一角で10年以上も交配を続け育っているという。この宮内庁の発表と前後して雅子さまが、代々皇后に受け継がれてきた養蚕の神事(御養蚕始の儀、5月29日)を皇居・紅葉山御養蚕所で始められていたことから、「母子揃っての養蚕」の報に多くの国民が心を和ませた。

「この発表での愛子さまの養蚕の報には、隠された意図があると考えてよいでしょう。男耕女織とか夫耕婦績という言葉から知られるように、養蚕は天から与えられた女性の象徴的な職分です。

古くは8世紀に編纂された『日本書紀』(以下の訳文は岩波書店版)の雄略紀に「天皇は后・妃に桑の葉を摘みとらせて、養蚕を勧めようと思われた」という記述がみえ(六年三月丁亥条)、継体紀にも「男が耕作しないと、天下はそのために飢えることがあり、女が紡がないと天下はこごえることがある。だから帝王は自ら耕作して農業を勧め、皇妃は自ら養蚕をして、桑を与える時期を誤らないようにする」という記述がみえます(元年三月戊辰条)。これらの伝統を引き継ぎ、現在の皇室でも天皇陛下が稲作に、皇后陛下が養蚕に携わっています。

愛子さまが、このような皇室の象徴的・伝統的職分である養蚕に親しまれてきたことを発表することは、『愛子さまは皇室に残り続け、国民の安寧のために祈り続けるお覚悟がある』ことを国民に暗示しているように思えます」(宮内庁関係者)

愛子さまが飼育している蚕(愛子さま撮影)宮内庁提供

愛子さまの微笑、眞子さまと佳子さまを潤す Xデーに向け「秘密会議」



愛子さまの覚悟と誓い

現代に続く「親耕親織」は、稲作については昭和2年(1927)に昭和天皇が赤坂離宮に田んぼをつくったのがはじまりで、養蚕について明治4年(1871)に昭憲皇后が吹上御苑の茶屋で蚕を飼育しはじめたのが始まりだ。ともに月日は浅い伝統ではあるが、現代では「親耕親織」は最もよく知られる皇室儀式の一つになっている。というのも、稲作は日本農業の主力作物であるし、生糸は近代日本産業の主力製品であったからだ。

そのような歴史的背景を持つ養蚕を、他ならぬ愛子さまが親しまれてきたと発表することの裏に「意図」を感じる人は多い。さる全国紙政治部記者は次のように。

「この秋に秋篠宮殿下の“立皇嗣の礼”と眞子さまの“結婚宣言”が終われば、いよいよ皇位継承者の安定的確保をめぐり議論が始まります。このような機微に触れるタイミングであるにもかかわらず、当事者である愛子さまが養蚕の写真を公開したということは、もちろん意味があるでしょう。天皇家と愛子さまの“国民に寄り添い続ける”という強い覚悟と誓いを感じずにはいられません。

保守派から支持(指示?)を受ける安倍政権は、男系皇統を維持するために女性天皇も女性宮家にも慎重の姿勢を崩していませんが、女性宮家については容認論が広まっています。今回のメッセージを受け、愛子さまを皇室に残すために、政府が本格的に女性宮家創設を議論する可能性は高いと思います」(全国紙政治部記者)



愛子さまの存在感に、焦る紀子さま

時事通信(2019年11月10日)によれば、自民党内では「女性天皇・女系天皇」の議論を先送りする一方、女性皇族が結婚後も皇籍に残る「女性宮家」を容認しようとする声がにわかに高まっているという。

もちろん「女性宮家」は必ずしも「女性天皇」を想定したものでないが、愛子さまが皇室に残り続ければ「愛子さまに即位を」の声が高まることは必然だ。これに最も機敏に反応しているのは紀子さまであるという。

「紀子さまは、今回の“愛子さま養蚕”の報を複雑な表情で聞いていたそうです。その翌13日には、秋篠宮家から宮内庁に『来年から天皇陛下の傍で悠仁さまに稲作を手伝わせてはどうか?』という打診があったそうです。どうしても紀子さまは雅子さまへのライバル意識を捨てきれず、愛子さまと悠仁さまを比較してしまうようで…」(宮内庁関係者)

今回のコロナ禍でも、雅子さまと競うように紀子さまはメッセージを発信し続け、500着のガウンを済生会病院に寄贈するなどした。このような紀子さまの様子を『週刊女性』(2020年7月7日号)は「雅子さまのご活躍が目立つ現状に対抗するように、ご進講や手作りガウン、異例のメッセージなどを公表された」と評している。紀子さまをここまで突き動かす原動力は一体何なのだろうか? 元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように推測する。

「悠仁さまがお生まれになって以来、紀子さまは常日頃からご自身と職員に厳しくあたられてきました。何かあるたびに雅子さまや愛子さまと比較し対抗してしまう理由は、雅子さまが療養中のあいだ皇室行事や公務を支えてきたのは自分だという矜持そして将来の皇統を担うのは秋篠宮家であり自分は国母になる宿命にあるのだというプライドでしょう。しかし雅子さまは見事に復活されました。競い合うのではなく協力し合って皇統を紡いでいってほしいと願ってやみません」(小内誠一さん)

秋篠宮家には眞子さまと小室圭さんの結婚など問題が山積で、まだまだ予断を許さない状況にある。こんな時だからこそ、紀子さまは雅子さまと手を取り合って欲しいと願ってやまない。

愛子さまの微笑、眞子さまと佳子さまを潤す Xデーに向け「秘密会議」


22 件のコメント

  • 倣い

    ではなく、敬宮様の行いにいちいち反応し、いつも通りあたふたと
    「何かしなさい!!」
    と母親が焦っているのでしょう。
    それにしても本当に将来の天皇なら、現状はこれで良いのかと思わないのでしょうか。
    付け焼き刃で、田植えの真似事させても、泥に足を取られて転んで、側近に当たり散らすでしょうね。
    人格者となるべく相応の教育の方が肝要と思いますが・・・。

    • 天皇陛下は稀に見る人格者で在られますが、
      国民の安寧を願いもせず、権力の座に付く為のパフォーマンスだけの
      悠仁の稲作手伝いなどは、絶対に お断り下さいますように!

      国民は時期天皇は愛子様しかいらっしゃらないと考えておりますので、
      悠仁が天皇になる為の お手伝いと称する稲作に関わる必要性は
      どこにも有りません!

  • だから〜!
    皇后様が療養中に,一宮妃が皇太子妃の代わりに公務を沢山こなして頑張ったなんて大嘘❗️
    当時の皇太子妃の公務,つまり内廷皇族の公務をする事は外廷皇族はできないの❗️
    あの宮妃は勝手に公務増やして,そんなカラクリを知らない国民にアピールしているだけ。自分でも解っているでしょう⁉️

    悠仁が天皇陛下の稲作を手伝うなどとんでもない話。そこはけじめ,平成は当時の皇后によってけじめが壊された,手伝いなどあってはならないです。
    このサイトが出来た理由を考えると,【こんな時だからこそ、紀子さまは雅子さまと手を取り合って欲しいと願ってやまない。】このように結ぶのは自由だが,これ,無理でしょう?
    皇室のヒエラルキーは天皇陛下,秋篠家は天皇家を支える気持ち『0❗️』でしょう。

    陛下はお優しいから秋篠の気持ちを汲んで,稲作の手伝いをさせるかもしれない。でもそれは敬宮様が継承すれば全く意味のない事,国民は悠仁の継承など全く考えていない。
    国の象徴ですよ,あの一家が⁉️

  • 天皇、皇后、敬宮さまに
    秋篠宮家は近づけてはなりません。

    安全の為に職員の皆様お守りください。

    理由は皆様分かっていると存じます、ら

    • 私もとても心配です。
      天皇陛下、皇后陛下、敬宮愛子さまをどうかお守り下さい。
      上皇后美智子さま、秋篠宮家の方達(川嶋家も含む)から、どうかお守り下さい。

      雅子さまが心身を病んでしまうまで、20数年という長い年月に渡って苛め抜いた上皇后美智子さま、紀子さま、秋篠宮さま。
      今日もそうですが、週刊誌に書かせたり、見守ることも、支えることもなく、懸命に頑張って下さっている雅子さまの心を傷つけるのは、もうこれ以上、どうかおやめ下さい。

      心を持った人のすることでないと思います。長い年月に渡って、雅子さまを心を病むまでいじめ、その刃が幼い愛子さまにまで向けられていたことも、、、。美智子さま、上皇陛下、紀子さま、秋篠宮さまのことを、私はどうしても敬うことができません。

      このような方達が次代象徴となられ、敬宮愛子さまが継ぐことができないのであれば、天皇陛下(徳仁さま)、皇后陛下(雅子さま)の令和で、もう終わりでよいと思うようになりました。(天皇皇后両陛下、敬宮愛子さまのことは心から敬愛しています)

    • 令和永遠に様

      同意します。
      天皇皇后両陛下が、皇居へ通勤される
      お姿を、画面などで拝見できる国民は、
      とても嬉しいです。

      しかし、赤坂御用地内、赤坂御所に、
      敬宮愛子様がおひとりで残り
      過ごされることは、とても心配です。

      早く、御一家で皇居へ移られてください。
      天皇家職員、皇宮警察、の皆様、どうか、
      天皇皇后両陛下と敬宮愛子様を
       お守りください。



  • 敬宮さまの養蚕のお話と宮さま自ら撮られた写真は敬宮愛子さまから雅子皇后へのエールだと思えるのですが 上皇后からの伝達のときは三人でいらしたときでさえ 上皇后に蚕に触る事を許可をもとめられる声は震えていらしたとか プレッシャーというより 怖さ 恐ろしさがまだいえていらっしゃらないのでは。上皇后の無理なさらなくてもいいのよ
    は来るな、するなの意味の言葉ですし 素手で触れないのよは する資格はない またはふれてほしくないという呪いの隠ったストレートの表現 真子がいるから無理なさらなくてもは 真子にさせたいからしてほしくないということ
    長い年月をかけて 陰険に全ての手足をもぎとり動くことを恐怖心がでるまでに心理的においこみ 今も尚その苦しみがでてくる母親に 大丈夫 10年 一緒に育ててきたから なれたもんです 大丈夫 との娘としての応援

    • 匿名様
      私もそのように思います。

      匿名様の8行目からの文面はまさに『いじめのカラクリ』
      でも表向きの言葉は『穏やか』
      先日の「人格否定をしたのは上皇夫妻ではない」記事に対して,『表向きの文章だけ羅列して,ほら,人格否定してないでしょう,というのは,いじめのカラクリを解っていない』と書き送ったら掲載されませんでした。

      私もあの敬宮様の蚕の写真から,お母様に捧げる『励まし』と,天皇家長子の証しを感じました。

  • いつも無駄に張り合おうとしますよね。
    秋篠宮と悠仁君は、実は「天皇」に相応しくないと キコさんが一番良く
    知っているんじゃないですか?
    だから順番を確定させたくて焦っているのではないでしょうか。

    天皇ご一家が清々しいのはなぜか。
    私欲がないからですよ。 キコさん、落ち着いて振り返ってみたら?

  • 全国紙の政治部記者「保守派から指示を受ける安倍総理」で吹きました。

    保守派から「支持」でなく「指示」。

    生粋の男系男子でない安倍さん、彼らからの支持を受ける為に、彼らからの指示通りの言動。でも近頃めんどくさくなったと見えて、安倍政権の間は皇室の後継問題はアンタッチャブルで過ごしそう。

    雅子様はキコと手を取り合う必要など無いし、他の宮家の方々と新たに令和の皇室を作り上げれば良いだけ。

    敬宮愛子様は皇室を離れることは出来ないのでしょうね。愛子様がそう望んでいれば喜ばしいですが、よからぬか方々からの嫌がらせがありませんように。

    しかし秋篠宮家はぼっちゃんが「天皇やりたくない」と言ったらどうするのでしょうね。

  • 本当に日本国民の安寧と、皇室の弥栄を祈らずにいられません。
    古より皇室と日本を守ってきたと言われる、八百万の神々様、どうか日本国民と皇室をお守りください。
    本当に天皇にふさわしい、日本国民が敬うことのできる方が次の時代を引き継いでくださいますように!



  • 陛下はお優しい御方ですが、清廉潔白な御心をお持ちです。皇太子でもない人に手伝わせるはずがありません。
    それと、「親耕親蚕」の歴史は「比較的月日が浅い」とは、違和感があります。お田植は昭和2年からですが、ご養蚕は明治7年が始まりです。その間には50年近い差があります。皇后陛下のおつとめとの中でも、聖性が高いものと思われます。

    どちらにしろ、どなたかに「手伝わせる」など、安易なものではないですね。

  • 紀子様は、皇太子家だった天皇家に いちいち対抗心!いだくのでしょう?

    見ていて みっともない!
    なりふりかまわず? と 思います。
    ご病気だった雅子様のかわり?
    誰も望んでおりません。
    でしたならば、何故 バッシング 止めなかった?

    ただ自分が、目立ちたい?美智子様のように

    美智子様と秋篠宮家の、批判書くとすぐに消されます。
    本当の事?なのに!
    支えていませんよね?
    筆頭宮家!ご自分が 団地のお住まいのお嬢さんと結婚できたのは、その時は男性皇族が、沢山いたから!

    今は、若い男性皇族は お一人
    自由恋愛?
    借金、人のお金で 学んで 今も留学 これからも 人のお金で金儲け?
    眞子様!失礼ながら あなた様も 他の皇族方も
    日本国民の、血税で 暮らしていることを 忘れているのではないでしょうか?

  • 愛子様の御養蚕は学習院でいただかれた蚕を10年来、育てられているもので、皇后の御養蚕の蚕を育てられているわけではありません。そこはケジメをきちんとされています。

    悠仁さまが田圃を耕したければ、御自分で田圃を耕されたら良いことです。なにも天皇陛下の田圃に乗り込まなくても。

    紀子様はいちいち考えが浅はかで焦り過ぎです。物事を落ち着いてじっくり考える癖をつけていただきたい。

  • 秋篠宮は男の甲斐、「辛抱する❗️頑張る❗️」これが全く出来ない。親父がこれでは息子にマトモな教育出来ない❗️とても天皇になる器ではない娘も然り皇室の人間として恥ずかしい。厳しい言い方になるが、この一家は日本に取って無用なものです❗️



  • 小内さんのコメントに逆らうようで恐縮ですが
    紀子さまは皇后陛下と手を取り合うのではなく
    お支えするのが務めだと思います
    そして紀子さまの場合皇后陛下が療養中に皇室を支えてきたという矜持などというのは表向きで
    実際は平成の間も皇太子妃雅子さまを出し抜こうという姿勢は見え隠れしていましたよ
    女性皇族方が行事の会場へお入りになる際に雅子さまを追い抜こうとしたり
    上皇陛下がご入院の際のお見舞いも皇太子ご夫妻よりも早く行こうとしたり

    紀子さまのお仕事は皇后雅子さまをお支えすることです
    対抗心を抱いてジタバタされるお姿は本当にみっともない
    全ての行動がアピール目的に見えるのは紀子さまにとってもマイナスではないでしょうか
    国民は秋篠宮家手作りの医療用ガウンの再三再四の喧伝に辟易したばかりです
    悠仁さまが陛下の稲作を手伝うことを許可するのは紀子さまの気持ちを一層煽ることになるのでやめた方がよろしいと思います
    皇后陛下や敬宮さまがお手伝いなさる姿の方が自然です

  • 皇后さまが療養中のあいだ皇室行事や公務を支えてきたのは自分だと思っていらっしゃるようですが病気にさせたのは誰でしょうね。あんなにいじめられたのにお心の綺麗な皇后様ですから今でもとてもお美しいですよね、それに比べていじめていた方々の汚いお顔、鏡や写真を見ても気付かないなんて本当に可哀想なお人ですね。

  • あの宮家は自分の家族と天皇家の家族、どちらが人として素晴らしいのか? を理解できないようだ。
    雅子さまがキコのライバル?笑わせんな。
    レベルが天と地ほど違うだろ。第一 比べる事自体 雅子さまに対する冒涜行為。同じように陛下と礼宮だった殿下もレベルが天と地ほど違う。同じように子どものレベルも。

    ご結婚前にお相手としてマスコミに登場した時からキコさんと小和田雅子さん、本当にレベルが違う。
    片やイヤらしい感じ。片や華やかなキャリアウーマン。
    元々住む世界が違う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です