紀子さまは、雅子さまより「偉い」? 傲慢さ隠し切れず物議 報道の流れ変わる

文/小内誠一

天皇家と宮家

当サイトで6月24日に公開した記事「紀子さまの“対抗心”「悠仁にも田植えのお手伝いを」 愛子さま“養蚕”に倣い」のなかで、私が「〔紀子さまは〕競い合うのではなく〔雅子さまと〕協力し合って皇統を紡いでいってほしいと願ってやみません」と寄せたコメントに「紀子さまは皇后陛下と手を取り合うのではなくお支えするのが務めだと思います」と意見がついた。

ご説ごもっともその通りである。この場をもってお詫び申し上げたい。

私がこのようにコメントしてしまったのには理由がある。このコメントを寄せる直前に、皇室ジャーナリストの佐藤公子さんから『週刊女性』(2020年7月7日号)の記事を見せられていたからだ。その最後に書いてあった「令和皇室は、皇后と皇嗣妃の“協力プレー”が要になるに違いない――」という言葉が頭に残っていたのだ。

しかし宮家の本分は天皇家を支えていくことにある。確かに秋篠宮家は殿下(皇位継承権1位)と、悠仁さま(同2位)を擁する筆頭宮家であるものの、天皇家と宮家では格が違うことは明白だ。

愛子さまの微笑、眞子さまと佳子さまを潤す Xデーに向け「秘密会議」



西尾幹二による雅子さまイジメ

にしても雅子さまと紀子さまが同格であるかのような錯覚は何処から生まれたのか?

これは偏に平成時代に雅子さまバッシングが続き、秋篠宮家アゲが続いたことによるだろう。たとえば西尾幹二(電気通信大学名誉教授)が2008年に、皇太子殿下(当時)に諫言するという体裁で、激しい雅子さまバッシングを行った(一連の論考はまとめられ『皇太子さまへの御忠言』と題打ってワック社より刊行)。

しかし本論が示してきたとおり、今回の件は学歴能力主義と高級官僚の家系が「反近代」の天皇家とクロスしたがゆえに起こった例外的な災厄であって、ある意味で雅子さん個人の問題である。秋篠宮家の紀子妃殿下には不適応病理はまったく生じていない。

天皇家の人々は天皇制度という船の乗客であって、船主ではないと私は言った。船酔いをして乗っていられない個人は下船していただく以外にないだろう。皇室ジャーナリストの松崎敏彌氏が「場合によっては秋篠宮への皇統の移動も視野に入れる必要がある」と大胆に提言しているのは納得がいく。

西尾幹二「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」『WiLL』2008年5月号

紀子さまがお元気でいらっしゃる以上、雅子さまの適応障害は本人に責任があるのだから離婚して皇籍離脱(下船)してもらうしかないというのである。さらに、秋篠宮家への皇統移動を主張している松崎敏彌氏といえば、女性週刊誌『女性自身』で皇室担当記者だった人物だ。いわば雅子さまバッシングの主犯がこの主張をしているのである。



山折哲雄による皇太子批判

さらに宗教学者の山折哲雄(国際日本文化研究センター名誉教授)は、2013年に執筆した「皇太子殿下、ご退位なさいませ」のなかで、秋篠宮家は家庭円満・子育て順調な理想の一家であり、皇太子殿下は退位宣言して雅子さまと愛子さまを連れて京都で養生せよと書き連ねた。

〔人格否定発言をした皇太子殿下に苦言を呈したことについて〕人間としての思いやりと逡巡の複雑なお気持ちがあったと推察されるが、それでもあえて口にされた秋篠宮殿下には、兄君の窮地を助けようとする態度がにじみでていたように思う。お子さま方にたいする教育方針にも自律的な生き方がうかがわれ、皇位を寄せる人々も多いのではないだろうか。……

その秋篠宮のご発言と立居振る舞いが、皇室における象徴家族と近代家族という二重の性格を均衡させる安定的な地位に、より近くお立ちになっているように私の目には映っているのである。皇太子による寛大な「退位宣言」が、その「譲位」へのご意見とともに秋篠宮に自然な形で受け継がれていくことを願わずにはいられないのである。……

そして、そのように選びとられた第二の人生の生活の場として、1000年の都であった京都の地ほどふさわしいところはないのではないかと私は思う。

「皇太子殿下、ご退位なさいませ」『新潮45』2013年3月号(読みやすくするために編集省略)

秋篠宮家の子育てを称賛するなど、眞子さまと小室圭さんの一件が露になった今となっては「お笑いネタ」である。平成時代の皇室報道がどれだけ間違った情報に基づいていたのかを示す証拠だ。



紀子さまにも責任はある

先に紹介した西尾幹二や山折哲雄以外にも、仰天するような記事が平成の時代には数多く見られた。こぞってメディアは雅子さまを叩き、紀子さまを持ち上げた。しかし今では風向きが変わり、いまではむしろ紀子さまが叩かれている。

しかしこうなったのはある意味で自業自得であり、紀子さまにも責任がある。

やはり紀子さまは、2006年に悠仁さまをお産みになって以来、人が変わった。未来の天皇の実母、国民の母(国母)になるという重責がそうさせたのかもしれない。職員には非常に厳しく当たり、一つ失敗があれば数時間叱責することもしばしばである。心労で離職者が絶えない。秋篠宮家と親交が深い朝日新聞の島康彦記者(皇室担当)ですら、次のようにオブラートに包むのがやっとだ。

紀子さまに近い関係者によると、紀子さまは殿下やお子さま方が矢面に立たないよう、あえて周囲に厳しい姿勢で臨み、「嫌われ者」になることもいとわないのだという。公的な活動を続けるうえで、意に沿わない内容があったり、もっとこうすべきだという点に気づいた場合、殿下自身が伝えてしまうとよからぬ批判や臆測を生む可能性もある。

「私はどう言われても構わない」。そんな覚悟を明かされた知人もいる。秋篠宮さま、
紀子さまはどんな中傷めいた報道があっても、反論することを望まないそうだ。

島康彦「「嫌われ者」に徹する知られざる紀子さまの素顔」『清淑なる紀子さま――50年のご足跡』宝島社、2017

物は言いようである。しかしいくら隠しても、こういった心の変化は表に出るものである。かつては秋篠宮家派だった林真理子(エッセイスト)や矢部万紀子(コラムニスト)も、紀子さまの「笑顔」に違和感を覚えざるを得ないという。

林真理子「いつのまにか紀子さまがヒール役を担わされてまことにお気の毒である。ご婚約の時の、愛くるしく清楚な「紀子ちゃん」を知っている者にとって、昨今の「皇室顔」となられた紀子さまにはあまり親近感がわかない。それでもいつのまにかヒール役を負わされていて、私は憤っているのである」(『週刊文春』2019年8月15・22日号)

確かに昨今の紀子さまの表情は、いつも同じようだ。口角は上がっているのに笑ってないような、笑おうとしているのに楽しくなさそうな。これを「皇室顔」と表現するところが、林さんの林さんたるゆえんだろう。

矢部万紀子『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』幻冬舎、2020


紀子さまの矜持

最後に私見をまとめておこう。

紀子さまの心の片隅に「自分は公務にフル出席し、悠仁の代には国母になるのだから、雅子さまより偉い」という傲慢さがある気がしてならない。かつてメディアが雅子さまばかり叩き、自身が持ち上げられ「いい気になっていた」ことも否定できないだろう。

先の林真理子さんや矢部万紀子が、紀子さまの「笑顔」に違和感を覚えた理由も、これを感じ取ってしまったからであるに違いない。そして、その傲慢さが隠し切れないからこそ、いま紀子さまは圧倒的に嫌われているのだ。

愛子さまの微笑、眞子さまと佳子さまを潤す Xデーに向け「秘密会議」


25 件のコメント

  • やっと小内様らしい記事が読めました。
    それでもまだ宮妃に気遣いされているようですが。
    まず一言言わずにおられないのが,西尾,山折の文章,怒りを堪えながら読ませて頂きました。
    【今回の件は学歴能力主義と高級官僚の家系が「反近代」の天皇家とクロスしたがゆえに起こった例外的な災厄であって、ある意味で雅子さん個人の問題である。】
    よくまぁこれだけの言いがかりを書いて,両陛下,敬宮様,世間に詫びもせず,今ものうのうと執筆活動出来るなと呆れてしまう。もちろん西尾さんなど前皇后と知り合いなのだから,忖度もあるだろうが,それなら尚更学者の風上にも置けない。というか,学者って『人間の営み』が解ってない.。そういえばどちらかが雑誌『正論』に文章を寄稿していたので,編集部宛てに抗議しようかと思った位です。
    怒りはこの辺にして,私が不思議なのは宮妃の心持ちです。自分の出自は恥ずかしい,あのような皇太子妃として『本物』が現れてしまったのだから,私なら尻尾巻いて,義理の姉上様と仲良くした方が楽だと思うのですが,それでも突っ張ってしまった。
    悠仁さんは前天皇夫妻と秋篠夫妻で計画して生まれたお子さんですよね。
    考えてみれば,今の『あの家』のていたらくぶりは過去の全てが作用した結果。
    ある意味では気の毒だが,両陛下や敬宮様の安全,日本のためには,それこそ身の処し方をそろそろ一家で話し合って欲しいものです。
    すみません,怒りのために長くなりました。

    • 西尾幹二や山折哲雄は、今上天皇陛下(当時.皇太子殿下)に対して
      あれだけ言いたい放題、好き放題書いていながら、

      当時の皇太子殿下が、現在 皇族の最高位となられ
      全てのご公務をご立派にこなされておられる今
      謝罪もせずに許されるのか⁇

      きちんと謝罪をし、自分の言った言葉に責任を持ち、
      名誉教授も、評論家も哲学者も返上し、名乗るべきでは無い。
      言いっ放し等、「恥を知れ!」と言いたい。

      • 紀子様が傲慢になられたのが男児を御出産なさって以降ということなら、それを持ち上げる風潮があったせいでしょう。宮内庁に勤める人達に加えて、その最たる持ち上げは上皇と上皇后によって為されたからではありませんか?

        今となっては上の娘達の行動から見て、取り繕えばなんとでもなるという教育方針が染み込んでいるように思われます。
        悠仁さまお一人だけは極めてしっかりとした見識高い人にお育ちになるのか、大いに心配せざるを得ません。

        • 紀子妃の傲慢我儘ぶりは異常で後年は上皇上皇后もかなりてこずっていたと
          聞いたことがあります。でも公務は一応ちゃんとやるし何より男子を生んだのでその暴走には上皇夫妻も手が付けられなかったとか。一時上皇陛下のご寵愛が凄いなと思ったことが有りました。行動がモロに国民の前で行われており、アタクシは天皇(当時)でもいいなりに動かせると付け上がった可能性はあります。

          • そうそう,あの和船事件,悠仁誕生の折の平成の天皇『涙の喜び会見』
            ,周りも異常でしたね。
            ところで相変わらず女性週刊誌では今でも『雅子様ご病気の折に,紀子様が雅子様の代わりに公務を頑張ってこなし〜』などと言っているらしい。
            そもそも誰が初めに言い始めた?
            案外,宮妃か自分で宣伝しておいて,自分が一番信じて,そのように思いこんでいる,とか?
            国民にはもう滑稽にしか見えないのに。
            でも訂正はしていかないとね。

  • その通り!と何度もうなづいてしまいました。
    キコさんが早く宮妃として
    天皇を支えていく立場と自覚をもち行動してほしいものです。

  • 私も、「重責を感じた」のでなく「思い上がった」のだと思います。
    そして男子を産んだことは、その決定的な勝利宣言(のつもり)で、もともとこの人は、虎視眈々と雅子さまを出し抜いて、自分たちが将来の天皇家になるチャンスを狙っていたんじゃないですか?

    私は、皇太子殿下(当時)が思いあまって雅子妃の人格が否定されていると会見でおっしゃったのを受けて、
    ご自身の誕生日会見において、どうして病気になるのかわからないという趣旨のことを殿下がおっしゃり(内々に居て、雅子妃へのプレッシャーや虐めを知らないわけないのに。何という冷血。あるいは何という媚びへつらい)
    あなたはどうでしたか、と振られた紀子さまが、私は周囲の皆さまのお支えによってうんぬんかんぬんと長々と、要するに鼻高々と私はうまくやりました、と言い放ったのを見たときから、心底この夫婦を嫌い、軽蔑するようになりました。美智子前皇后の目立ちたがりと虐めも恐ろしいが、その尻馬に乗って皇太子妃を引きずり下ろそうとする、悪意のすさまじさと品性の下劣さが恐ろしい。
    「あちらとは規模が……」と、競争意識満載でしたしね。

    • 私もこの記者会見でお二人に違和感を持ちました。それまでは好意的に見ていましたが、兄上ご夫婦にえらく対抗意識を持っている事が分かり驚いた記憶があります。



  • ぼったまの代に「国母」っておかしくないですか?
    今現在皇后陛下は「国母」ですよね。
    天皇陛下の奥様だから「国母」なのに、ぼったまが天皇になったら「国母」の筈がありません。

    • 王の妃を国母と呼びますけど、本来は「王の生母」を指す言葉ですね。
      王とは国そのものと考えられるので、東アジアでは王の生母を国母と称します。
      つまり現在日本の国母は天皇陛下の生母である美智子上皇后となります。
      悠仁の坊っちゃんが天皇になったら国母は紀子ってことになりますね。
      だから坊っちゃんが天皇になると信じているアホ宮妃は「国母ガー、国母ガー」と喚いてるんです。
      チッ、ウッセーナ…反省シテマース
      舌打ちがお好きな宮妃、ぴったりなセリフやな。

      • 先日、たまたま韓流歴史王朝の史実に基づいた歴史ドラマを見を観ましたが、
        王様や王妃より権限を掌握している側室も、しょっちゅう舌打ちをしているのを見て興醒めしました。舌打ちは 他の全てを帳消しにしてしまう位に、非常に下品です。

        • 韓流ドラマはあまり見ませんが
          私が見た中でも大人しい正妃を皇太后やその一派がいじめ抜き、ついに策略を巡らし追い出してしまう、というドラマがありました。
          なぜか気の強い野心家の側室の一人は皇太后にエコいひいきされ…
          という内容でした
          国が違えどこういう話はありますね

        • 皇室が戦後国民の象徴となってから正田家、川島家、小和田家、小室家から皇室に入ってくることがどれほど恐ろしいかということが段々と明らかになってきたようです、特に美智子様は平成時代はやりたい放題、マスコミは使いたい放題、その流れを紀子さまが受けて今生陛下を叩き潰されておられます!清らかな国民の平和を祈る国民皆が豊かに生活出来るよう治めるような広いこころを持った皇族でいてほしい、だけど今の上皇、秋篠宮家をみると自分が天下をとることを願い唯一清らかにご成長されている敬宮さまの存在をお忘れではないですか、私欲に走っている宮家からは何も生まれません、どうか敬愛できる皇室を願う国民の気持ちを叶えてください、

  • やっぱりお妃になる方は「それなりの」家の出ではないとダメと言うことですね。
    香淳皇后の言った「親王様のお相手が平民からとは怪しからん」、これは社会経験もない平民の娘を迎え入れると身分も弁えず傲慢になるからというのを暗に示していたのでは?
    旧華族出身の令嬢はその辺りはきちんと弁えているはずですから、やはり皇室に入る方にはそれなりの血筋が求められて当然ですね。
    美智子と華子様、雅子様と紀子を見てもそれがよく分かるというものです。
    同じ親王兄弟に嫁がれた方々ですけど、片や立場を弁え不満はあれど決して不満を漏らさない、片や傲慢で不満ばかり漏らす…あーぁ。

  • 紀子さんが雅子さまより「自分の方が男の子を産んだし、公務も休まないのだから偉い!私の方が未来の皇后に相応しい」と勘違いして傲慢になったのは確かなのでしょうが、その態度をたしなめる人が周りにいなかったのも問題ではないでしょうか?

    どんなに紀子さんが調子に乗ってしまったとしても、夫である秋篠宮、当時の天皇皇后である上皇や美智子さまが「あなたの務めは皇太子妃を支えることです。立場を弁えなさい」と注意すればあそこまで酷くならなかったと思います。

    紀子さんがあんな風になったのは元々の性格も有るが、周りが何も言わずに放っておき、その結果益々増長させることにつながってしまった秋篠宮と先代夫婦の責任もかなり大きいと思う。
    勿論、川島夫妻の責任でもあることは言うまでもない。

  • しかし、天皇ご一家は、平成時代は本当に苦労されました。特に、本来、お守りする立場の方々が、逆に····これ以上は、文章に書き上げれませんが、この事が、多くの国民の敬愛·支持に繋がっていると思います。

    紀子さんは、両陛下を支える立場ということを、常に肝に銘じて、言動をしてください。



  • 同感です。
    宮家は本来、天皇家を支えていく立場だということを、紀子さんは今一度しっかり肝に命じた方がいい。

    男の子を生んだから?だから何だというのでしょうか?

    天皇家には、国民の8割が次期天皇にと望み、敬愛する直系の皇女、敬宮さまというお方がおられます。

    紀子さん、そんなに鼻息荒く躍起になられずとも、
    悠仁君はフツーに秋篠宮の当主におなりになればよろしいのではありませんか。

  • 人生は平等で、長く生きた中で己が放った言動は、全て倍になって戻って来るとこの年齢になり理解出来ました。

    そのエネルギーが強ければ強いほど、自分に戻る力も強大になってくる。

    人知らず努力され善行を積んだ方には必ず輝く日々が。

    人を蹴落とし悪行を積んだ者には煉獄が。

    キコ妃のこれからがとても楽しみです。

  • 結婚の順番が兄弟で逆転していた、ということも弟嫁の増長につながったように思う。皇室入りについては一応「先輩」であるわけだ。

    傍系の家の娘の結婚(小室家)
    皇太子の弟の結婚(川嶋家)
    前天皇の結婚(正田家)

    それが結局今の皇室の危機を招いているのを見ると、皇族という特殊な場所においては、とくに結婚というのは非常な危険をはらむものだという思いを強くしている。

    外から入ってくる人間が男であっても女であっても。

  • 憲法は、「皇位は世襲」と記していますが、「男子に限る。」とは書かれていません。
    皇室典範は、憲法の下にあり、憲法の規定を実施する法律です。内閣がその気になれば容易に変更可能です。典範改正望みます。
    男子継承は、慣習法でもありません。過去女性天皇は存在したのです。
    国民が尊敬する天皇家で、日本国民8割以上に次の天皇と認められるほどご立派に成長された敬宮愛子様の皇位継承望みます。

    たとえ秋篠宮家が継いでも、側室制度が廃止された現在、遅かれ早かれ今と同じ問題が起こってきます。女性の継承を認めないと、皇室か無くなります。それとも秋篠宮家に皇統が移ってから女性の継承認めるつもりですか、政府は?
    天皇家には国民8割以上が天皇にふさわしい、と認める方がすでにいらっしゃるのに。



  • 久し振りに小内さんへの記事に対してコメント致します。
    昨秋から、小内さんの素晴らしくも興味深いお話に夢中になったものです。
    平成時代の前皇后と一宮家の妃殿下が、雅子皇太子妃を妬みから貶め、追い詰めた等の真実を初めて知りました。
    その事が事実であるが為に、小内さんへの圧力が有ったのでしょう。
    続けていかれるには、不本意な事も呑まないといけなかったとお察し致します。

    秋篠宮夫妻は、大嫌いです。
    紀子妃は男子を産んだと謂うだけで、思い上がったのですよね。
    出自も学歴も容姿も人柄も到底雅子皇太子妃の足元にも及ばなかった紀子妃と、自分より優れて脚光を浴びていた若くて美しい嫁が憎い前美智子皇后とが結託して、虐め抜き、悪巧みをしたんですよね。
    そんな人達が権勢を奮っていた平成時代の皇室では、トップのお気に入りだった人間を諫める方など居ないはずですよね。

    令和の時代に代替わりして、本当に良かったと思います。
    慈愛ぶってた方が恐ろしく「自愛」の塊だった事。
    上げ記事を後ろ楯にしたい放題だった宮家の事が明白になり、国民の一人にも分かる様になったのですから。

    秋篠宮夫妻が天皇夫妻を支える気等は、サラサラないと思っています。
    徳仁天皇は、両親特に母親と弟夫婦に足を引っ張られてお気の毒でなりません。

    • >紀子妃は男子を産んだと謂うだけで、思い上がったのですよね。

      ヒソ君を抱いたキーコ様のドヤ顔が物語ってますよね。

      「イーヒッヒ 私は親王をを産んだのよ これで雅子に勝ったわ」「今まで「納屋からきた」とか馬鹿にしたオバサン達悔しかったら今から男産んでご覧なさい 」って高笑いしていたのでしょうね

  • またブログがグーグルに表示されなくなった気がするのは私の気のせいですか。

    日本国民が敬うことのできる、天皇にふさわしい方が次の皇位を継承されることを本当に望みます。
    日本国民の8割以上は敬宮様を次の天皇と認めています。憲法によると、「天皇の地位は主権の存ずる日本国民の総意に基づく」のです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です